今年の運気アップアドバイス

2017年は「楽しみながら努力」出来た人に幸運が舞い込む年!

 photo_0035

 

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

先日、事務所サイトに『1月(1月5日(木)〜2月3日(金)まで)の開運テーマ』をUPさせていただいたわけですが(『2017年の開運アドバイス』の方にも是非チェックしておいて下さいね)、皆様が一番気になっているところは、

 

ィ横娃隠掲の日本の社会情勢について→沢雷随の四爻(九四)

 

のところだと思いますので、その結果を更に深掘りさせていただきながら、2017年をハッピーに過ごすポイントについてお話して行きたいと思います。

 

まず最初に、以下、私が事務所サイトに書いたもののコピペを載せておきます(バックナンバーは「当月を含めて過去3カ月分」なので一応こちらにもコピペしておきます)。

 

 

(以下コピペ)

2017年の日本の社会情勢について占ったところ、「沢雷随」の「四爻(九四)」を得ました。

「沢雷随」という卦は、「従う」ことを意味する卦なのですが、変爻が「四爻(九四)」で出た場合、

 

安易な気持ちから、不正に手を染めたり、モラルに反した行為が横行する1年

 

になるでしょう。

2017年は一言で言うと、

 

「他力本願」な人が増える

 

ので、「楽して稼ごう!」とか「欲望を否定せず、ありのままの自分でOK!」とか、そういった人の心に棲む「下心」をうまく利用した各種不正やモラルに反した行動が増えるのではないかと思います。

 

そういう「他力本願」で「今すぐ何とかしたい!」ような人が増えるので、

 

「手っ取り早く〜出来る」ような商品やサービスが流行

 

する可能性は大いにある年なのではないかと思います。

また、それと同時に、

 

以前から面倒臭いと思われがちだった物事に対して「あったらいいな」的な商品がヒットする可能性がある

 

ので、「手っ取り早く」「楽して」何かが出来るような商品やサービスは、2017年は大いに受けるでしょう。

 

人々が短絡的、かつ、享楽的になりやすい傾向を受けて、

 

「熱愛」や「電撃結婚」など、おめでたい話題が増える

 

のも2017年の特徴です。

どちらかと言うと、「長年付き合ってきた」というよりは、知り合ってそんなに経っているわけではないんだけれども、「趣味が一緒」「感覚が合う」「一緒に居て楽しい」という理由から、一気に交際or結婚というパターンが増えるのではないかと思います。

しかも、2017年の面白いところは、

 

「ええっ?この人がこの人と??」という、周囲がビックリする組み合わせのカップルが誕生する可能性がある

 

ということです。

ただ、ここで1点、注意していただきたいのは、

 

2017年は人々が「熱しやすく冷めやすい」ので、一時的には盛り上がるけれども、長くは続きにくい

 

ということです。

ですから、「熱愛」や「結婚」の話題も多いけれども、「離婚」の話題も多い1年になるでしょう。

また、昨年同様、「不倫」が多い1年であることが予想されますが、昨年の「不倫」との大きな違いは、

 

「だって仕方なかったんだもん!」と開き直るタイプの不倫が増える

 

ということです。

そういう意味では、昨年より明らかに質が悪いでしょう。

 

その他の注意点としては、

 

薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症などの問題

 

も2017年は増える傾向にありそうなので、ご注意いただけたらと思います。

(以上)

 

 

とりあえず、ここまで自分の書いたもののコピペを貼らせていただきましたが、ここから「補足」に入ります。

2017年、幸運のチャンスを掴みたいなら、

 

明るくポジティブに、人を励ます&一緒に楽しめる人になること

 

が重要なポイントです。

仕事や勉強、資格の取得など、今後の自分のステップアップのために頑張らなければならないシーンもあるかと思いますが、

 

2017年は「どんな逆境でも楽しんでやる!」くらいのタフさで、「楽しみながら努力」が出来た人に幸運の女神が微笑む年キラキラ

 

なので、

 

「どうして私ばっかり○○なの!」

「こんなに頑張ってるのに、いつになったら報われるんだろう…」

「どうして自分には○○がないんだろう…」

 

といった、物事がうまく行かないことに対する憤りや諦め、世の中や自分自身の運や実力のなさに対する恨みつらみを持つくらいなら、

 

「楽しみながら出来る」ようにやり方を変えるか、いっそのこと、スパッと辞めてしまった方が吉

 

です。

 

「とてもとても、楽しみながら出来る仕事じゃない」

「養わなければならない家族がいるのに、ここで仕事を辞めるわけにはいかない」

 

と言うのであれば、

 

  • プライベートを充実させる
  • 将来の夢へ向けて、コツコツ準備を始める(例:定年後田舎暮らしがしたいなど)
  • 自分と特技を活かした副業やボランティアを始める

 

など、

 

自分の心がワクワクする時間」を作る

 

ようにして、とにかく意地でも前を向いて、ポジティブになるくらいの方が、2017年は幸運のチャンスを掴める年です。

 

 

あと、2017年に予想されるのが、

 

人や情報に「流される」人が増える

 

ということ。

ただ、ここでの「流される」ということについてですが、

 

情報がいろいろあり過ぎて、一体、自分は何を選んだら良いのか分からないから、「とりあえず手っ取り早く分かるもの」で選んでしまう

 

ということで、今年、多くなりがちなのが、

 

「とりあえず分かりやすいサイト」や「分かりやすい本」を基準に物事を判断してしまいやすい人が増える

 

ということ(そして、肝心の情報の中身は玉石混交だったりするわけですが…)。

 

人々が「面倒臭がり」や「目先の楽しみ」が優先になってしまい、小難しいことにはやや思考停止状態になってしまう

 

というのが、良くも悪くも、今年のトレンドだったりビジネスを左右する要素になりやすいので、「○○代行業」みたいなものや、「お手軽に〜出来る」みたいなアイデア商品などは受ける可能性が大いにあるでしょう。

 

 

また、「流される」ということで言えば、

 

「周囲が〜だから、自分も〜でいいんじゃないか」的な思考をする人が増える

 

分かりやすく言うなら、

 

周囲の環境に染まってしまいやすい

 

ということでもあるので、

 

今のご自分の周辺の環境がそのままストレートに運に反映されてしまう

 

という年でもあります(だからこちらの記事などでも散々口酸っぱく言ってきたんですけどね)。

 

2016年までは「個人戦」だったのに対し、2017年から先は「団体戦

 

なので、

 

「個人の努力や実績+α(人脈など)」がこれからどんどん問われて行く

 

ので、だからこそ、『2017年の開運アドバイス』でお話をさせていただいた、

 

2017年はこれまで自分が築き上げてきたことをベースに、愛する人や信頼出来る仲間と共に分かち合い、「一緒になって大きく育てる」年

 

にする必要があるのであり、

 

お互いに「この人のために頑張りたい」と思えるような人と、一緒になって物事を創り上げて行くことが重要

 

になるのはそのためなんだと、2017年の星回りだけでなく、冬至の占断からも、私自身、改めて実感した次第です。

「ああ、こういうことだったのね」と。

 

 

2017年は、いろいろと波乱の多い年になるかも知れませんが、

 

波乱の多い年だからこそ、ジェットコースター気分で、どんな逆境も楽しみ切ってやりましょう!

 

…ということで、本年も宜しくお願い致します。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます正月
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 22:30

今年の運気アップアドバイス

2017年にステップアップするために意識したいビジネスマインドとは?

photo_0033

 

こんにちは。鏡月です。

 

11月も半ばを過ぎ、「そろそろ来年へ向けて具体的な計画を…」と、お考えになっていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

2017年の過ごし方のポイントについては、『2017年の開運アドバイス』でもお伝えさせていただいておりますが、「ビジネス」ということに論点を絞って、結論からズバッとお話をさせていただくと、

 

「常識」や「こうあるべき論」にとらわれず、時代の流れや自分の感覚を踏まえて、どんな状況も「楽しむ」ことを忘れず、臨機応変に対応する者が勝つ

 

というのが、来年、ビジネス面において飛躍する上で、最も重要なポイントになります。

 

 

よく、「日本は先進国で最も生産性が低い国」と言われていますが、それもそのはずです。

強い言葉で言わせていただくと、

 

「こうあるべき」という尤もらしい理由をつけて、人に犠牲を強いる働き方やビジネスモデルが当たり前のように横行している

 

具体的な一例を挙げさせていただくと、「愛社精神」という名のもとに従業員のプライベートを犠牲にしたり、「下請けイジメ」だったり、「ブラック企業」であったり、「モンスター〇〇」と呼ばれる人達に対する対応に苦慮したり…等々、本来やらなくていいことまでやらされて、それが人や企業を疲弊させ、生産性を低くしている原因の一つになっているのではないかと、私はそう思っています。

それが巡り巡って、日本の国力まで先細りになってしまっていることに気付いている人がどれだけいるでしょうか?

 

一時的に得をする人がいても、長い目で見て誰も得をしていない

 

悲しいかな、それが今の日本を取り囲む「現状」なのではないかと思います。

 

 

かつて、Hondaの創業者の本田宗一郎氏はこんな言葉を遺しています。

 

私はいつも、会社のためにばかり働くな、ということを言っている。

君たちも、おそらく 会社のために働いてやろう、などといった、殊勝な心がけで入社したのではないだろう。

自分はこうなりたいという希望に燃えて入ってきたんだろうと思う。

自分のために働くことが絶対条件だ。

一生懸命に働くことが、同時に会社にプラスとなり、会社を良くする。

 

会社だけよくなって、自分が犠牲になるなんて、そんな昔の軍隊のようなことを私は要求していない。

自分のために働くということ、これは自分に忠実である

利己主義だと思うかもしれないけど、そうではない。

人間は人にもよく言われなければ自分が楽しくないという相対的な原理を持っている。

だから他人に、あの人はいい人だ、と言われるのもエンジョイなんだよ。

我われはただ単に、自分だけよければいいと言うのではない。

自分をよくするためには人までよくしてやらなければ、自分というものがよくならないのだ、という原則があることを考えて自分をよくしなさいということを申し上げる。

 

 

既に「個人の時代」と言われて久しいのに、まだまだ世の中は「自己犠牲」を美徳としているわけですが、2017年から2022年まで、社会全体がかなり波乱万丈なことが予想される以上、

 

そろそろ「自分の幸せのために働く」という意識に切り替えないと、今後の波乱万丈な社会の流れについて行けなくなる&自分の大切なものを守り通せなくなる可能性が高い

 

ので、

 

時流を意識して「臨機応変」に、かつ、「自分の幸せのために楽しんで働く」こと

 

が、2017年に「時流」を捉え、今後、更にステップアップをして行くためのポイントになるのではないかと思います。

 

 

ただ、ここで1点、気を付けていただきたいのは、

 

いくら「自分の幸せのために働く」ことが重要だと雖も、「自分さえ良ければそれで良い」といということではない

 

ということ。

2017年の開運アドバイス』にも書かせていただきましたが、

 

2017年はこれまで自分が築き上げてきたことをベースに、愛する人や信頼出来る仲間と共に分かち合い、「一緒になって大きく育てる」年

 

ですから、

 

お互いがお互いの幸せのために、協力し合うこと

 

が非常に重要です。

社内の人間関係が「協力し合える人間関係」の会社であれば、来年は飛躍の可能性があります。

逆に「足の引っ張り合い」や「個人の幸せが犠牲になって成り立っているような会社」は、来年は伸び悩みやすいでしょう。

 

2017年は「独りよがり」になると、誤った選択肢を取ってしまいやすくなり、結果として物事が悪い方向に行きやすい

 

ので、そういう意味でも「協力し合える人」の存在は非常に重要です。

 

 

今後、世の中の変化は今まで以上にアップダウンが激しいことが予想されます。

単純に「生き残る」というだけでなく、来年、幸運のチャンスを掴むという意味でも、以上の考え方を頭の片隅に入れておいていだけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます書類
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2016.11.18 Friday
  • 01:30

今年の運気アップアドバイス

2016年をより良い年にするための3つのポイント

photo_0016

こんにちは。鏡月です。
皆様、あけましておめでとうございます。
今年が皆様によって、幸多い1年であることを心より願っております。

さて、事務所ホームページでも『2016年の開運アドバイス』をさせていただいておりますが、今回は『2016年をより良い年にするための3つのポイント』について、アドバイスをさせていただきたいと思います。


_浸においても「育てる」気持ちを持つ

2016年は「丙申」の「二黒土星」になります。
2016年をより良い1年にするための大切な視点は、仕事でも人間関係でも、恋愛でも家庭内においても、総てのことに共通することなのですが、

物事をじっくりと「育てる」気持ちを持つことが大切

であるということです。
というのも、2016年の傾向として、

新たな社会常識」となるものが生まれやすい年

だからです。
皆様にも分かりやすく、「超生活密着」で「過去にこういうものが出てきましたよ」というところの参考例を挙げると、前回の二黒土星の年(2007年)に初代iPhoneが発表されました(こちらも参照)。
その前の二黒土星の年(1998年)にはiMacが発表&発売され(こちらも参照)、そのもう1つ前の二黒土星の年(1989年)には、NHKの衛生放送の本放送が開始されました(こちらも参照)。

このように、「二黒土星」の年というのは、「次の時代の新たな可能性の“種”が生まれやすい年」なので、

新たな可能性の“種”を見つけ、どう育てて行くか

が、今後の10年間を左右するポイントになりそうです。
特にビジネスの場合においては、今年、そうした“種”を見つけ、それを育てて行くことが、今後、生き残って行くために重要なポイントになりますので、そのためには、

「これからの未来」と「現在」の接点を繋ぐための、現実的、かつ、地道な努力が必要

となります。
間違っても、「これからの未来」を想定せず、過去から蓄積し、凝り固まっている「自分の中の常識」や、“今”の現実の延長線上で物事を考えないようにして下さい

「これからの未来」については、いろんなところでいろんなことが言われていますが、「人工知能」と「ロボット」の2つは、これから急成長分野でしょうから、コンピュータや機械にはない、人間だけが持つ能力を鍛えることを優先すると良いのではないかと思います。
その中でも特に、

クリエイティブな能力」と「コミュニケーション能力

は、今後10年間を決定付けるだけでなく、その後の20年をも大きく左右しかねない能力なので、これから鍛えるとしたら、この2つの能力にフォーカスをされると良いのではないかと思います。


◆孱隠闇後の自分」のために“今”努力する

,如△海譴ら鍛えるべき能力は、「クリエイティブな能力」と「コミュニケーション能力」だということをお伝えしましたが、「クリエイティブな能力」については、その人その人によって「何を得意とするか」が異なるため、人によっては磨きづらい能力かも知れません(勿論、そうした能力があるのであれば、そちらを優先して磨いていただいても構いません)。
ただ、「コミュニケーション能力」であれば、比較的磨きやすい能力なのではないかと思います。

特に2016年は、「周囲にどんな人がいるか」で自分自身のベースが決まりやすい年

なので、

今年、まず、優先して磨くべき能力は「コミュニケーション能力

なのではないかと思います。
人間関係においては、特に「引き寄せの法則」が強く働きますから、

あなたの周囲にいる人達は、あなた自身の“鏡”である

ので、もし、今現在、あなた自身が今の人間関係に満足していないのだとしたら、積極的に人と交友し、人間関係の幅を広げてみることをオススメします。
ただ、人間関係というものは、むやみやたらに広げればいいというものではありませんから、

まずは自分の趣味や興味があることをベースにして、徐々に人間関係を広げて行く

というのが一番無理がないと思いますし、今年に合ったやり方なのではないかと思います。
そもそも「趣味や興味のあることがない」という場合は、まずそこから探してみて、その中で、「これってどうなんだろう?」と思ったら、まずは動いてみることをオススメします。

今年、自分自身のベースを広げる上で、重視して欲しいことは、

実際に「体験」してみたり、なるべく「人と会う」こと

未体験のことにチャレンジしてみたり、いろいろな人と会うことは、運の器を鍛えることにも繋がりますので、自分の運の器を鍛えるつもりで、気軽にトライしてみると良いのではないかと思います。
その中で、自分に合ったものが見つかればベストですが、合わなければ次に行けばいいだけのことですから。


自分の置かれている環境を整える

今年は、衣食住や人間関係、普段仕事をしている環境を含めて、

自分が置かれている「環境」を整える

ことが幸運に繋がる年です。
よく、「環境を整える」と言うと、「自分にとって適した環境を整える」ことと思う方が多いのではないかと思いますが、今年は「自分が、自分が」と自分のことばかり優先して、周囲の人達に自分の意見や都合ばかり押し付けるのは絶対にNGです。

「まず自分“が”良くなること」を考えるよりも、「周囲の人達と一緒に自分“も”良くなって行く道」を考えること

が、今年、幸運を掴むために必要なマインドになります。
そのためには、人を包み込むような柔らかい雰囲気や、「聞き上手」になることなど、

柔軟性」を持って人に接すること

が必要になります。
柔軟性を持って人に接するためには、

相手の「長所」に積極的に目を向け、相手を褒めること

つまり、「相手の良さを認めること」が大切です。
勿論、人を見抜く目も大切なことですが、

いつも誰かや何かと比較するのではなく、まずは相手を受け入れること

が出来れば、今年、より幸運のチャンスを掴み、飛躍出来るのではないかと思います。


以上、「3つ」のポイントを意識していただいて、今年1年を大切にお過ごしになってみて下さいね。
2016年の皆様の幸運とご発展を、心より願っております。

それではまた次回☆


今日もお読みいただきありがとうございます正月
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 
 

  • 2016.01.01 Friday
  • 23:00

1