人間関係運

「良い人間関係」を掴むための「3つ」のポイント

photo_0062

 

こんにちは。鏡月です。

 

毎年、3月・4月は、「卒業」や「入学」、「就職」シーズンとも重なるため、

 

「出会い」と「別れ」が交差する季節

 

なわけですが、運気の観点から見た場合、

 

人間関係運」を鍛え、かつ、人間関係のリセット」には非常に良い時期

 

でもあります。

そこで今回は、今後、「良い人間関係」を掴むための「3つ」のポイントをお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

,互いに「程良い距離感」が取れる人と仲良くする

 

どんな家庭にも「家庭内のルール」があって、学校にも「校則」があるように、仕事でも人間関係でも、

 

自分以外の人と一緒に過ごす以上は、お互いに守るべき最低限の「ルール

 

というものがあります。

その「ルール」というのが、世間一般には、

 

  • 挨拶
  • マナー(礼儀作法)
  • 一般常識

 

と言われるものであったりするわけですが、

 

一般的に、これらの3つの「ルール」が、「自分の中の基準」ではなく、「相手が「良し」としている基準」をクリアしていないと、その相手に対して「良い印象」を与えられない(その逆も然り)

 

ものです。

例えば、新入社員が入社早々、「新人教育」を徹底的に受けさせられるのは、「自分基準」ではなく「社会(会社)の基準」に修正するためであって、そのために、「挨拶」から「名刺交換」、「職場のマナー」などを徹底的に叩き込まれるわけです。

 

「学生時代」までならともかく、「社会人」になってから、また、「結婚後の生活」にも共通して言えることなのですが、

 

「恋人・夫婦関係」「人間関係」において、お互いに「良い人間」でいられる、程良い「距離感」が非常に大切

 

です。

この「距離の取り方」をコントロールするために必要なのが、

 

  • 挨拶
  • マナー(礼儀作法)
  • 一般常識

 

であって、

 

この「3つ」のバランスが崩れると、十中八九、その人間関係はバランスを崩し、徐々に歪み始める

 

ので、

 

お互いの間で「挨拶」や「礼儀」など、「最低限のルール」を守り合える=「適度な距離感」を取れる相手なのかどうかを、早い段階で見極める

 

ことが、「良い人間関係」を構築し、「悪縁」を排除するためのポイントになります。

 

 

◆岷錣稜い相手」とは無理に繋がろうとしない

 

「人間関係」で躓くことが多いという方のご相談に乗っていると、結構な確率で見られるのが、

 

相手から連絡がないのに、「いつも」自分から連絡をしてしまう人

 

「人間関係面」でこういう癖がある方は、「恋愛面」でも同じことをしてしまいがちです。

「人間関係」でも「恋愛」でも、

 

本当に縁がある人=「どちらから」ということもなく、お互いに連絡し合う

 

ものですが、「運」の観点から見た場合、

 

自分から」連絡をしないと連絡がつかない人=縁があるようでない人(縁が薄い)

 

であり、

 

「縁が薄い人」と濃く関わろうとすると、かなりの確率で「自分が損をする」だけでなく、余計な「トラブル」にも巻き込まれやすくなる

 

ので、少なくとも「自分から」連絡をしないと、相手から連絡が来ないような人は無理に追わないようにして下さい(例え、多少なりとも「恋愛感情」があったとしても)。

 

また、「縁が薄い人」と無理矢理縁を繋ごうとしたところで、一時的に何とか繋がったとしても、結構な確率で、ある日突然「プツン」と切れる

 

ので、

 

追えば追うほど「無駄骨」に終わりやすい

 

ので、その人との「縁の濃さ」を見極めるためにも、

 

どちらか」ともなく連絡が来る相手なのか、「自分から」連絡をしないと繋がらない相手なのかを、早い段階で見極める

 

ことは、「人間関係」だけでなく、「恋愛」においても非常に大事です。

 

 

良い別れ方」が、次の「良いご縁」を引き寄せる

 

「人間関係面」だけでなく、「恋愛面」でも、「仕事面」でもそうなのですが、

 

人との別れ方が下手な人ほど、「良いご縁」に恵まれにくい

 

という傾向があり(例:別れた後もズルズルと付き合い続けるなど)、ここは「立つ鳥跡を濁さず」という諺があるように、

 

「別れ方」がきれいなものであればある程、次の「出会い」が「良いご縁」である確率が高まります

 

ので、「別れ際」は、なるべく「きれいに」し、これまでの「感謝」を言葉にして伝えましょう。

特に、今後、会うことがないであろう相手であればあるほど、きちんと「言葉」にして伝えるようにしましょう。

 

よく、「これで終わりだから」と、良くも悪くも「本音」をぶちまけようとする人がいますが、

 

「別れ際」であればある程、「本音」は内に秘めた方が吉

 

です。

 

「ぶちまける」方は多少なりともスッキリするかも知れませんが、多くの場合、「ぶちまけられる」方には、何とも言えない複雑な気持ちが残るだけです(卒業式の「愛の告白」が玉砕に終わりやすいのはこのため)。

そのような中途半端なモヤモヤとした「気持ち」を相手に抱かせるようなことは、決して良い「別れ方」とは言えないので、相手に対して何か言いたいことがあるのであれば、「別れ際」ではなく、もっと早い段階で言うようにしましょう。

 

 

人は「社会」に生きる生き物である以上、「人間関係」は切っても切れないものです。

 

人の人生=過去にどういう人と出会ってきたかの集大成

 

である以上、今後、より良い人生にして行くためにも、以上、基本的な「3つ」のポイントを押さえて、「良い人間関係」を引き寄せていただけたらと思います。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます花
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2018.03.08 Thursday
  • 13:30

人間関係運

人間関係のレベル=運のレベル

photo_0010

こんにちは。鏡月です。

恋も仕事も結婚も、そしてお金も、「人によって」もたらされるものである以上、普段、自分がどういう人達と付き合うか、長く一緒に過ごすかは非常に大切です。

人の人生は「過去にどんな人と知り合ってきたか」の集大成である

のと同時に、

今、どんな人達と一緒に過ごしているか」で、今後の未来が決まってくる

ものだからです。

よく、「人間関係は複雑だし、面倒臭い」と思われがちですが、運の観点からすると、人間関係というのは非常にシンプルなもので、

類は友を呼ぶ」、つまり、「引き寄せの法則」が一番働くのが人間関係

なのであって、良いご縁の方が多ければ、それはあなたが「ツイてる人」という証拠ですし、良くないご縁の方が多ければ、「ツイていない人」になっている可能性があります。

人間関係のレベル=運のレベル

なのです。

とは言え、自分に寄ってくる人達が100%「ツイてる人」だったらいいのですが、実際のところ、なかなかそうもいかない事の方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、人間関係運の基本中の基本のポイントを「3つ」アドバイスさせていただきたいと思います。


^Щ◆△礼、返事は「自分の方から積極的に」やる

「出会いがない」「お金がない」「仕事がパットしない」「いい人間関係に恵まれない」という人ほど、大抵、挨拶やお礼、返事がちゃんと出来ていないことが多いものです。
挨拶やお礼、返事がちゃんと出来ない人は、他人から見た印象が悪いというだけでなく、

自分の手でいい出会いやご縁を引き寄せられない

という特徴があります。
何故ならば、風水では挨拶やお礼、返事というのは、「」の気にあたり、

」の気は仕事運や学業運、物事の発展運、人間関係運を左右する五行

にあたるため、よく「挨拶が出来ない人に仕事が出来る奴はいない」という言葉がありますが、それは風水的に見てもその通りなのです。
そして、挨拶やお礼、返事がちゃんと出来ない人というのは、自分の手でいいご縁を引き寄せられないせいか、

他力本願で被害者意識が強く、何かあると人のせいにしやすい

傾向が強く、ますます良いご縁が遠ざかって行きます。
つまり、自分で自分の首を絞めている「不幸体質な人」だということです。

運は人に伝染します

から、少なくともこちらからは、しっかり挨拶やお礼、返事はやるようにして、その結果、相手がちゃんと返してくれないような人であれば、その人とは必要以上にお付き合いしない、場合によっては距離を置くのが正解です。
また、いくら親しい仲になったとしても、「挨拶を簡略化する人」も要注意ですので、こちらも相手がそういう人だと気付いた時点で距離を取るようにしましょう。


∩蠎蠅量椶鮓て、ハッキリした声で話す

相手を見て、ハッキリとした声で話すのはコミュニケーションの基本ですが、風水的な見地から見た場合、

目=「」の気のパーツ

ですから、「目は口ほどに物を言う」という諺の通り、その人の運の状態は目に出ますから、

」の気=悪縁切り

でもありますし、

きちんと目と目を合わせて会話をすることにより、良縁か悪縁かを見極める

ことが大切です。
中には、目を合わせることが苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、なるべくなら相手の「目」をしっかり見れるようにトレーニングしていただけたらベストなのですが、なかなか克服出来ない場合は、相手の眉間、「第三の目」と言われるあたりを見るようにすると良いでしょう。

また、しっかり目を見て話すことは、「良縁か悪縁かを見極める」というだけでなく、

相手の人となりや考えていることを見抜く

という意味でも非常に有効です。
典型的な例を挙げさせていただくと、よく、飲み会の席の下ネタで、「顔は笑っていても目が笑っていない人」がいますが、そういう人は決まって「性格に二面性がある」パターンが多いものです。

また、運気の善し悪しは声の状態にも出ますから、必ずしも大きな声で話さなくてもいいので、

明るくハッキリした口調で、語尾の最後までしっかり話をする

ことが大切です。
このとき、喋り終えた後に口角を上げるようにすると、より運気アップに効果的です。

声質は十人十色違うわけですが、運気が強い人の声というのは、

声に張りがあって、力強さがある声をしている

ものですから、経営者やフリーランスでお仕事をされている方、現場の中間管理職など、運が必要とされ、かつ、人の上に立つ仕事をされている方であればあるほど、ボイストレーニングをして、声に張りと力強さをプラスすると良いでしょう。


笑顔を心掛け、ポジティブで人を楽しませる会話をする

このブログを読んで下さっている読者の方であれば、既にご存知かも知れませんが、

笑顔は幸運を呼び込み、かつ、最強の魔除けでもある

ので、いかにも「全開!」といった感じで笑わなくても良いので(それは明らかにやり過ぎです←笑)、

人がいるところでもいないところでも、なるべく「微笑み」を忘れない

ようにしましょう。

一緒に居る相手が笑顔になり、明るくポジティブな気持ちになれるような会話を心掛ける

ことも、単純に「良い印象を与える」というだけでなく、良いご縁を呼び込むためのポイントになります。
風水では、笑顔にしても、ポジティブで人を楽しませる会話にしても、五行で言うと「」の気の要素を持つものであり、

」の気=親しみやすさ

であり、それと同時に、

」の気=人生に実りや楽しみ事をもたらすもの

であるからこそ、「明るく楽しそうな雰囲気作り」が非常に重要なポイントになります。

人も仕事もお金も、「楽しそうなところ」「儲かりそうなところ」に集まる習性がある

ので、まず、あなた自身がそういう雰囲気を「作る」ことからスタートさせるところから始めましょう。


以上の 銑のポイントをまとめると、

挨拶やお礼がしっかり出来て、かつ、お互いに目を合わせて会話が出来、こちらもワクワク出来るような明るく前向きな話題で盛り上がれる人

が幸運体質な人であり、あなた自身がそういう人であることが、周囲にそうした幸運体質な人を引き寄せるために必要なポイントになります。

以前、『「時間」と「お金」の使い方が上手な人=幸運体質な人』という記事でもお話をさせていただいたことなのですが、

幸運体質な人ほど「自力本願」で「自分から先に価値を提供すること」が出来るのに対して、不幸体質な人ほど「他力本願」で「相手から先に価値を提供して貰うこと」を優先している

ものです。
まずは、あなた自身が幸運体質になり、そして、周囲にも幸運体質な人で溢れることを心より願っています。

それではまた次回☆


今日もお読みいただきありがとうございますリボン
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブロ

グ 風水生活へ   

  • 2015.08.16 Sunday
  • 13:00

1