天中殺について

2018年からの「戌亥天中殺」に備えて、今のうちにやっておきたいこと

photo_0061

 

こんにちは。鏡月です。

 

来年、2018年・2019年の「2年間」、「戌亥天中殺」の方は「天中殺」の年を迎えます。

「天中殺」は「生まれた日の干支」によって、どの天中殺なのかが決まり(生まれた「年」のことではないので注意)、「戌亥天中殺」の方の場合は、生まれた日の干支が、

 

甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午、辛未、壬申、癸酉

 

のいずれかに該当している方になります。

 

 

「戌亥天中殺」の方にとって、「天中殺」となる年・月・日・時間帯、逆に、「幸運期」となる年・月・日・時間帯は以下の通りです。

 

【天中殺】

  • 年→「」・「」の年
  • 月→10・11月
  • 日→「」・「」の日
  • 時間帯→19〜23

 

【幸運期】

  • 年→「」・「」の年&「」・「」の年
  • 月→4・5月&8・9
  • 日→「」・「」の日&「」・「」の日
  • 時間帯→7〜11時&15〜19

 

 

さて、各天中殺(子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥)ごとに、「天中殺に入るとどうなりやすいか?」という傾向は異なるのですが、「戌亥天中殺」の方の場合は、

 

このまま継続すれば良い流れに乗り続けられるのに、あれこれ悩み過ぎたり、周囲の意見を聞き過ぎて、「自信のなさ」から自分からその流れを断ち切りやすい

 

という特徴があります。

もう少し具体的に言うと、昨年(丙申)・今年(丁酉)と「好調な流れ」が続いていたのにも関わらず(そもそも「戌亥天中殺」の方にとって、「申」・「酉」の年は「幸運期」です)、今年の「月の天中殺」である「10月」「11月」あたりから、

 

表面的にはそれなりにうまく行っているように見えても、「本当にこのままでいいんだろうか?」と、今後の流れについて考え込んでしまうような出来事

 

が起こりやすい運勢だったため、既に「天中殺の影響が始まっている」ような気分に陥っている方も少なくないのではないかと思います。

 

そんな「戌亥天中殺」の方に向けて、本格的な天中殺に突入する来年の2月4日()の「立春」までの間(天中殺は「立春」から始まって2年後の「節分」まで続きます)、何をしておいたら良いのかを「3つ」、ポイントをお伝えさせていただきます。

 

 

”畸平┐譴討い襦情報の質」を上げる

 

「戌亥天中殺」の方の場合、元々、「行動する前にまず考える」慎重なタイプの方が多いのですが、

 

天中殺に入ると、いつも以上に「失敗」や「リスク」を怖れて、あれこれ調べたり考えたりするものの、結局、何も行動せずに終わってしまう

 

ことになりやすく、結果的に「チャンスを逃す」どころか、これと言った「実績」を積めなかった…ということにもなりかねないので、何かあったらまず家族や友人に相談したり(しかも、その道に関しては素人同然)、ネットで検索…ではなく、せめて本を読んだり、「専門家のアドバイス」や「信頼出来る先輩のアドバイス」など、

 

普段触れている「情報の質」を上げ、余計な情報に振り回され過ぎない

 

ことが大切です。

とは言え、今や「ネットで調べもの」は当たり前なわけですが、そういう場合は「とりあえず目についたサイト」ではなく、情報の質が高く、「信頼性が高いサイト」からの情報をチェックするようにして下さい。

 

大事なことは「失敗をしない」ことではなく、いかに「失敗を小さくするか

 

ですから、「情報の質が低い」ということは、「失敗の大きさ」という点において、「小さく抑えることが出来る確率が低い」ということでもありますから、本格的な天中殺に入る今から、意識して「情報の質」を上げるようにしていただけたらと思います。

 

 

△盆やお彼岸など「お墓参り」のスケジュールは今から確保しておく

 

「戌亥天中殺」の方は、

 

神仏とのご縁が深い

 

とされているため、天中殺中は「神社仏閣の参拝」や「お墓参り」をされると良いのですが、「お盆」や春秋の「お彼岸」、「命日」などの「お墓参り」については、「行けるときに行ければいいや」といった発想になりやすく、

 

ややもすると「仕事」や「現実生活」を優先して、「お墓参り」をサボりがちになってしまう

 

方が多いのではないかと思います。

天中殺期間中の災いを少しでも小さくするためにも、

 

先に「お墓参り」のスケジュールを確保しておいてから、仕事や現実生活の予定を入れる

 

ようにして、「お墓参り」の優先順位を上げるようにして下さい。

 

 

自分と「相対する」天中殺の人と仲良くする

 

天中殺には「子丑」「寅卯」「辰巳」「午未」「申酉」「戌亥」の6種類の天中殺があるわけですが、以下のように相対(180°真逆に位置している関係)しています。

 

子丑⇔午未

寅卯⇔申酉

辰巳⇔戌亥

 

このように、相対している天中殺と一緒にいると、

 

相手が「ストッパー」の役割を果たし、これ以上、状況が悪くなるのを防いでくれる

 

という特徴があるので、例えば、「戌亥天中殺」の方の場合でしたら、

 

辰巳天中殺

 

が相対する関係になりますから、もし身近に「辰巳天中殺」の方がいらっしゃったら、その方の意見を聞いたり、一緒にいる時間を長くすると良いでしょう。

逆に、「辰巳天中殺」の方が天中殺に入ったとき、「戌亥天中殺」の方が助けに入るようにすれば、お互いに“Give and Take”の関係が築けるのではないかと思います。

 

他の天中殺の方も、もしその方の誕生日が分かったら、四柱推命や天中殺を出してくれるようなサイトなどで、「誰が〇〇天中殺なのか」を予め調べておいて、「誰が自分にとってのストッパー役になるのか」を頭に入れておくと良いでしょう。

 

 

なお、天中殺に入ってからの過ごし方については、事務所コラムの『“天中殺”とは幸運体質のための基礎トレーニングの時期』で詳しく説明させていただいておりますので、そちらをご参考にして下さい。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます雪
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.12.23 Saturday
  • 13:00

1