風水の基本テクニックあれこれ

日帰り温泉で、こまめな厄落とし&パワーチャージを!

photo_0013

こんにちは。鏡月です。

来月より順次開催予定の各種セミナー準備のため、更新の間が空いてしまって申し訳ございません。
セミナー関連の仕事が一段落するまでは、更新のペースが遅くなりますが、何卒ご容赦下さいます様、お願い致します。

さて、季節は秋。
秋と言えば「行楽シーズン」ですね。
温泉に、果物狩りに、紅葉狩りに…と、お出掛けが楽しい季節になりました。

日本は「温泉大国」で、北海道から沖縄まで、全都道府県、どこかしらに温泉が湧いているわけですが、

温泉は日頃の疲れを癒すだけでなく、厄落としやパワーチャージにも最適

であることをご存知でしょうか?
旅行や吉方位旅行と併せて行くことが多いのではないかと思いますが、

自宅近くの日帰り温泉を有効に活用すること

も、運気アップにはオススメの開運行動の一つです。
そこで今回は、「運気アップのための温泉活用法」について、アドバイスをさせていただきたいと思います。


ー宅から20km圏内にある日帰り温泉を探そう

定期的に通う日帰り温泉は「ご自宅から20km圏内」で、かつ、「通いやすい」温泉を選びましょう。
「20km圏内」という根拠についてですが、単純に「通いやすさ」ということもありますが、九星気学の「時盤(刻盤)」の範囲がちょうど「5〜20km未満」なので、それで「20km圏内」とご提案させていただいております。
(九星気学の時盤が読める方は、時盤に合わせて日帰り温泉へ行かれると◎)

自宅から20km圏内にある温泉を調べるには、ご自分で地図を買ってきて、コンパスなどで円を描いて、オリジナルの温泉マップを作られてもいいですし、Googleマップ(「マイマップ」機能を使うと何かと便利です)や『あちこち方位』などを利用して、自宅から20km圏内の日帰り温泉を調べるのも良いでしょう。


温泉の質が良く、館内の掃除が行き届いているところを探そう

日帰り温泉を選ぶポイントとして、「温泉の泉質が良いこと」も重要です。
ベストは源泉かけ流しの温泉ですが、その他には、源泉から近い温泉だったり、1つの温泉で2種類以上の泉質が楽しめる温泉、温泉のお湯が飲める(飲泉)ような温泉などもオススメです。

もう1つ、重要なポイントとしては、

浴槽や洗い場、脱衣所などの掃除や整理整頓がしっかり行き届いていて、清潔であること

このポイントが外れていれば、いくら源泉かけ流しだろうが、源泉から近い温泉であってもNGです。
その理由というのが、

そもそもお風呂は厄を落とす場所だから

特に不特定多数の人が入る温泉の場合、落ちている厄も多いですから、館内の掃除がしっかり行き届いている日帰り温泉を選びましょう。


5抃討垢襯好據璽垢あるところを選ぼう

温泉からあがった後は、15分〜30分くらいはゆっくり休んで、気を定着せましょう。
そういう意味でも、館内に休憩スペースがあり、ゆったりとくつろげる環境かどうかもポイントになります。
ご自宅が日帰り温泉から近い場合、家に帰ってくつろいでもOKですが、その場合も同様に、帰宅後しばらくは体を休ませましょう。

もし、「1日券」で複数回、温泉に入れる場合は、是非、複数回入りましょう。
複数回入ることにより、より温泉の気を取り込みやすくなるのでオススメです。
ただし、その温泉によって適切な入浴回数には限度があるので、温泉側の指示には必ず従って下さいね。


たΧ箸箟慎い両態に応じて、通うペースを決めよう

職業やその方の状態、運気によって異なるのですが、

普通の方でも出来れば2〜3週間に1回、厄を貰いやすい仕事の方は1週間に1回

は、日帰り温泉で厄落とし&パワーチャージをしたいところです。

こまめに日帰り温泉に行って厄落とし&パワーチャージをしたいご職業、及び、状態の方の例は以下の通りです。
以下の項目に該当される方は、人より気持ち多めに日帰り温泉へ行く習慣をつけられることをオススメします。
 
  • 医療職(特に医師、看護師、理学療法士など患者さんの体に直接触れる機会が多い方)
  • 介護職
  • 美容師・理容師
  • 鍼灸・マッサージ師
  • エステティシャン・ネイリスト
  • 心理カウンセラー
  • 経営コンサルタント
  • 警察官・消防士
  • 弁護士
  • 政治家
  • 占い師・ヒーラー
  • 教師
  • 営業
  • 接客業
  • 古美術品・リサイクル業務
  • 清掃業
  • 葬儀関係
  • 受付・窓口業務
  • 人材派遣や人材紹介のコーディネーター
  • 水商売・風俗業
  • 芸能人やYoutuberなど、メディアへの露出が多い方
  • 経営者
  • コールセンターなど、お客様からのクレームを受ける仕事の方
  • 職場内の人間関係が劣悪な状態で働いている方
  • 人の気に敏感な方(例:満員電車や人ごみが極端に苦手)
  • 霊感体質な方
  • ここ最近、連続してツイてないことが多い方

 
ちょっと前までであれば、「温泉に入りに行くのは月1回でOKです」と言えたのですが、ここ最近の世の中の流れを見ていると、どんどん物騒な状態、つまり、より厄が溜まりやすい状態になってきているので、「2〜3週間」とペースを上げさせていただいた状態でアドバイスをさせていただきました。

自分の身は自分で守る

のが基本ですから、「厄落とし&パワーチャージ」も兼ねて、ご近所の日帰り温泉をどんどん活用していただければと思います。

それではまた次回☆
 

今日もお読みいただきありがとうございます温泉
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 
  • 2015.09.20 Sunday
  • 18:30