吉方位旅行

九星気学での吉方位のチェックにオススメのアプリ

photo_0025

 

こんにちは。鏡月です。

 

九星気学の吉方位旅行をする際に、頼りになるのが「スマホアプリ」。

以前から「何かオススメなアプリはないですか?」とご質問いただくことが多いので、実際に私がダウンロードして試してみた九星気学のアプリ@iPhoneの中で、オススメなアプリをご紹介させていただきたいと思います。

 

 

オススメさせていただく上での判断基準については、以下の「7つ」の基準を基に判断させていただきました。

 

〜犧遒しやすいこと

▲泪奪廚範動していて、自宅からの具体的な目的地が分かること

J亞僂鮃洋犬靴討いor偏角調整が可能なこと

さ畔位が地図上に分かりやすく表示されること

ァ孱隠科位表示」であること(三合法に対応可能であること)

Χ饌療な時期が分かること

А嵳遒箸契擇蝓廚離▲廛蠅任△襪海函瞥招廚焚欟發ないこと)

 

以上のポイントを踏まえた上で、私が「このアプリであればオススメ出来る」と思ったアプリは以下の2つです。

 

 

九星方位盤(有料:240円)

 

本命星」での吉方位が表示されるアプリです。

年盤・月盤・日盤に対応しており、「年盤での吉方位」「月盤での吉方位」「日盤での吉方位」に分けてチェックすることが出来ます。

 

どの方位にどの九星が入っているか、それぞれの方位盤にきちんと表示される

 

ため、

 

年盤・月盤・日盤ごとの「五黄殺」「暗剣殺」「破(歳破・月破・日破)」「本命殺」「本命的殺」が分かる

 

ので、初心者の方から上級者の方まで、幅広く対応出来るアプリだと思います。

この手のアプリでは、作りが非常にしっかりしていると思います。

 

「地図」の設定については、「方位盤回転」というところで、お住まいの地域の偏角が設定出来ます(設定しない場合は「真北(正方位線)」で表示されます)。

日本の場合、札幌で9.2°、東京・大阪で7.0°、那覇で4.4°と、地域によって偏角が異なりますので、一度、お住まいの地域の偏角を調べた上で入力をする必要があります。

日本の各地域の偏角については、国土地理院地磁気測量のページからご確認いただけます(PDFで確認する場合は、東日本分はこちら、西日本分はこちらよりご確認下さい)。

 

なお、九星気学の方位盤ごとの距離については、当事務所の『吉方位旅行の基本的なルール』にも掲載させていただいておりますが、

 

  • 日盤→20〜100kmまで
  • 月盤→100〜500kmまで
  • 年盤→500km以上

 

になりますので、その方位盤ごとの吉凶や具体的な目的地を検索することが出来ます。

 

ただし、このアプリの最大の欠点として、日本から見た海外の方位がきちんと表示されないという欠点があるため、海外の方位やその方位が吉となる時期をチェックするのには問題があるため、

 

日本国内に限って方位をチェックするのであれば、こちらのアプリが一番便利

 

だと思います。

 

九星気学方位盤』は240円の有料アプリですが、この値段でこのクオリティはかなりお得だと思います。

普段から九星気学を実践されている方であれば、入れておいて損はないアプリだと思います。

 

 

吉方位マップ - 九星気学 -(無料)

 

こちらも「本命星」での吉方位が表示されるアプリです。

こちらも『九星気学方位盤』同様、年盤・月盤・日盤に対応しており、「年盤での吉方位」「月盤での吉方位」「日盤での吉方位」に分けてチェックすることが出来るのですが、『九星気学方位盤』との最大の違いは、

 

「吉方位」のみの表示

 

であるため、具体的な方位盤が表示されません

そのため、どの方位が「五黄殺」や「暗剣殺」なのか…といったことまでは、このアプリではチェックすることが出来ません。

 

「無料のアプリがいい」という方や「とりあえず、どこが吉方位なのか分かればいい」という方にはオススメ出来るのですが、方位盤も併せて見たい場合は、有料になりますが『九星気学方位盤』の方がオススメです。

 

こちらのアプリは『九星気学方位盤』と違い、偏角を設定する必要がないので、初心者の方でも気軽に実践出来る手軽さがあるアプリだと思います。

また、『九星気学方位盤』では、日本から見た海外の方位の表示がイマイチなのですが、こちらのアプリは日本から見た海外の方位がきちんと表示されているので、

 

海外旅行の方位のチェックにも使えるアプリ

 

だと思います。

 

 

「とりあえず、九星気学の吉方位旅行を試してみたい」という方であれば、『吉方位マップ - 九星気学 -』をオススメしますが、ある程度知識がある方であれば、『九星気学方位盤』と『吉方位マップ - 九星気学 -』を2本入れておいて、状況に応じて使い分けると良いのではないかな?と思います。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございますスマホ
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2016.08.13 Saturday
  • 11:30