風水の基本テクニックあれこれ

トイレの風水の基本的な「5つ」のポイント

photo_0050

 

こんにちは。鏡月です。

 

巷ではよく、「トイレ掃除で金運アップ矢印」と言われていますが、そもそも論として、「トイレ」というのは「お風呂」同様、

 

厄を落とす」ための場所

 

のため、どうしても「厄が充満しやすい場所」になります。

そのため、家の中のどの方位にあっても「」になるので(だから、昔の家はトイレを家の「外」に作っていた)、

 

普段からこまめに「掃除(厄落とし)」をして、「運を下げない」ための努力

 

が必要があります。

そこで今回は、「トイレの風水」について、基本となる「5つ」のポイントを皆様にお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

〔颪鯲めないために「掃除」と「換気」はこまめに行うこと

 

トイレはどうしても「厄を落とす場所」であるが故に、「掃除」や「換気」を怠っていると、どんどん「」が溜まって行ってしまい、その家の運気に悪影響を及ぼしてしまいます(特に「金運」と「健康運」)。

そのため、トイレに「厄」を溜めないためにも、

 

  • 掃除→最低でも「1日1回
  • 換気→換気扇は「24時間」常に回しっ放しの状態にする

 

ようにして、こまめに「厄落とし」をしましょう。

 

家全体の運気をアップさせるための「トイレ掃除」のポイントとしては、

 

トイレの掃除用品(雑巾を含む)は、必ず「トイレ専用」にし、他の場所で使わないこと

 

が重要です(他の場所にトイレの厄を持ち込まないため)。

 

よく、ドラッグストアなどで売っている、使い捨てタイプの「トイレクリーナー」を使うのも一つの方法です。

「トイレクリーナー」を使った後、トイレに流す方が多いのではないかと思いますが、なるべくなら、使用済みのトイレクリーナーはトイレに直接流さずに、ゴミ箱に捨てた方が運気にはプラスです。

 

 

便器を磨く「トイレブラシ」については、

 

1カ月に1回はよく洗い、「天日乾燥」をして厄落とし

 

をしましょう。

また、「トイレブラシ」は出来ることなら「半年に1回」、どんなに長く使っても「1年に1回」は新しいブラシに交換しましょう(外側のブラシ立てはそのままお使いいただいても構いません)。

 

 

また、「換気」についてですが、アパートやマンションにお住いの方の場合、トイレに窓がないことの方が多いのではないかと思います。

その場合、換気扇を止めてしまうと、厄がどんどん溜まって行ってしまいますから、

 

換気扇は「24時間」回しっ放しにし、空間中に厄が溜まらないようにする

 

ようにしましょう。

もし、換気扇が自動で止まってしまうタイプのトイレの場合は、トイレ用の「空気清浄機」を利用するのも一つの方法です。

 

 

また、トイレの「厄」を他のお部屋に広げないためにも、

 

トイレのドアは開けっ放しにせず、こまめに閉める

 

ように心掛けていただければと思います。

 

 

▲肇ぅ譴粒犬蓮流す前」のタイミングで閉める

 

よくある風水の基本に、「トイレの蓋は必ず閉めること」というものがありますが、トイレの蓋を閉めるタイミングとしては、

 

流した後」ではなく「流す前」に閉める

 

のがポイントです(より空間に厄を撒き散らさないため)。

トイレのスプレーをお使いの方は、

 

トイレの後に、便器に向かってスプレー

トイレの蓋を閉めて水を流す

水を流した後、空間にもう1回スプレー

 

の順番でスプレーをされると良いでしょう。

 

 

トイレのファブリックは「明るい色」のものを選び、「週1」で洗濯をする

 

トイレはどうしても「厄」が溜まりやすい場所(「」の気が強い場所)のため、

 

トイレのマット、及び、スリッパは「明るい色」のものを選ぶ

 

ようにしましょう。

ちなみに、「トイレにスリッパを置いていない」という方もいらっしゃるのではないかと思いますが、

 

トイレの「厄」を家の中に持ち込まないため、トイレのスリッパは必ず置き、家の中とトイレをしっかり分ける

 

ようにして下さい。

 

また、トイレのマット、及び、スリッパは「」を吸っていますから、

 

週1」のペースで洗濯&天日干しをして厄を落とす

 

ようにしましょう。

例え「週1」で洗濯&天日干しをしていたとしても、1年も経つとだいぶ厄を吸っていますから、トイレの中のファブリック類は1年に1回は新調するようにして下さい。

 

 

トイレの中に「手拭き用のタオル」を置いている場合、タオルが湿っている(「」の気が強い状態)のにそのまま使い続けていると、トイレの空間がより「」の気に傾いてしまうので、

 

「手拭き用のタオル」は、湿ったら新しいものと交換するようにする

 

ようにして下さい。

 

また、女性がいるご家庭の場合、トイレの「汚物入れ」の中のゴミは、「大してゴミが入っていないから」とそのまま放置すると「」の気が増えてしまうので、「毎日」捨てるようにして下さいね。

 

 

ぅ肇ぅ譴任篭卜歪控錣鬚靴覆い茲Δ砲掘⇒招廚癖を置かないようにする

 

トイレは「厄を落とす場所」のため、用が済んだらさっさと立ち去るのが基本です。

そのため、トイレで「新聞」を読んだり「読書」をしたり、「スマホ」をいじったりして、長居をするのはNGです。

 

トイレに「カレンダー」や「時計」、「」、「英単語」や「九九の表」等の「勉強に関するもの」など、「成長・発展」を促す「」の気のアイテムを置くと、仕事運や勉強運が下がってしまうため、トイレにはこれらのアイテムは置かないようにしましょう。

 

トイレの上部に棚を作って、そこにトイレの洗剤やトイレットペーパー等を収納されている場合は、あまり上に物を置き過ぎないようにして下さい(頭の上に物を置き過ぎている状態は運気をダウンさせます)。

トイレットペーパーを収納するのは、ペーパーホルダーに収納するか、せいぜい2〜3個程度にしましょう。

 

 

トイレの中には、あまりごちゃごちゃ物を置かないのが基本なのですが、

 

トイレに「観葉植物」や「生花」といった「生気」のあるものを置くのは吉

 

なので(トイレの厄を吸ってくれるため)、「邪魔にならない範囲」で置くことをオススメします。

 

「観葉植物」の場合、窓のあるトイレの場合、窓辺に置いていただく分には構わないのですが、窓のないトイレに置く場合は、時々、ベランダや庭に出して光を当ててあげて下さい。

「観葉植物」の種類については、「アロエ」と「サボテン」を除き、基本的にはお好きな種類のもので構わないのですが、

 

アイビー、プミラ、ペペロミア、アジアンタム、ポトス、シュガーパイン

 

といった「葉がふわっと横に広がるもの」が、厄をよく吸着してくれるのでオススメです。

「生花」を置く場合は、花瓶の水は毎日取り換えましょう。

 

 

また、「」の気を補うために、

 

トイレの照明は、太陽の光に近い「電球色」のものを使う

 

ようにすると◎です。

以下、イメージしやすいように参考商品のリンクを貼っておきますが、一般的な蛍光灯のような色ではなく、少し黄色味がかった色になります。

 

 

 

ゥ肇ぅ譴遼Ч畉泙蓮グリーン系」か「柑橘系」の香りに

 

トイレの芳香剤は、

 

  • 「仕事運(学業運)」&「人間関係運」重視→グリーン系
  • 「金運」&「事業運」重視→柑橘系

 

の香りがオススメなのですが、

 

  • 人から厄を受ける仕事をされている方(例:医療・介護関係、美容師、エステティシャン、教師、カウンセラーなど)
  • 人間関係でかなりのストレスを抱えている方
  • 生理中の女性

 

など、「浄化」を重視したい場合は、

 

ラベンダー

 

の香りのものがオススメです。

 

 

トイレの芳香剤については、「化学系」の芳香剤よりは、天然のアロマオイルを使ったナチュラルな香りの方がラッキーなのですが、そこまで手が回らない場合は、

 

あまり香りがキツ過ぎない芳香剤を選ぶ

 

ようにするのがポイントです。

「変に香りをつけたくない…」という場合は、無香性のものをお使いいただいても構いません。

 

 

以上、トイレの風水の基本となる「5つ」のポイントについてお伝えさせていただきました。

「あれも置いて、これも置いて…」という前に、まずは以上の基本のポイントを押えていただければと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございますクローバー
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.06.29 Thursday
  • 18:30