とある占い師の独り言

「努力」と「苦労」を見誤らないことが「開運」への第一歩

photo_0067

 

こんにちは。鏡月です。

 

突然ですが、あなたは「努力」と「苦労」の違いについて、きちんと認識出来ていらっしゃいますか?

 

努力」と「苦労」は似て非なるもの

 

で、

 

  • 努力→「目的」を達成するために、「自主的」に頑張ること
  • 苦労→自分の意思に関係なく、何かをすることを「強いられる」こと

 

であり、「努力」は「自分から進んでやる」ものであったり、「前向き」なものなのに対し、それに対して「苦労」は、自分の意思に関係なく、好むと好まざると、状況的に「自分がそれをやらなければならない」といった「後向き」な要素を含んでいます。

 

 

ここまでは、よく聞く話だと思うのですが、「」という観点から、「努力」と「苦労」というものを見た場合、

 

  • 努力」が出来る人→運がいい人が多い
  • 苦労」してしまう人→運が悪い人が多い

 

わけですが、ここで1点、多くの人(特に「日本人」)がよくやってしまいがちな「不幸へのトラップ」があります。

「それは何か?」と言うと、よく世間で言われている、

 

「努力」しなければ幸せになれない

「苦労」しなければ、人の痛みが分からない人間になってしまう

 

という思い込みが強ければ強い人ほど、努力」ではなく、「苦労」を選んでしまいがちだということです(ここ重要!)。

 

ブラック企業によくありがちな「やりがい搾取」がその典型例

 

なわけですが、「やる気」や「目標」はあるのに、「努力」ではなく「苦労」を選んでしまいがちな人は、先程の「思い込み」を持っている傾向がある他、

 

自分に「自信」がなく、「弱い立場」で文句が言えないから、それでも従うしかない

 

からと、どんどん深みにハマって行き、抜け出せなくなって行くわけです。

 

こういう人は、人から「搾取」されるだけでなく、着実に「」をも吸い取られます。

そして、やたらと「やりがい搾取」だったり、「あなたのためになるから」と人に「苦労」を強いる人は、大抵、人の気を吸い取る「エナジーバンパイア」だったりします。

 

「運のいい人」には、「自家発電」で運がいい人と、「人から運を吸い取る」ことで運がいい人の2種類がいる

 

わけですが、こうした「やりがい搾取」にハマりやすい人は、後者の「人から運を吸い取る人」、つまり、「エナジーバンパイア」のカモになりやすい傾向があります。

それに、自家発電」タイプの運のいい人は、人に「努力」は求めても、「苦労」を強いることはしません

 

 

努力」と「苦労」の違いを分からなくさせてしまう、もう1つの原因として、

 

他人」と「自分」を比べてしまう

 

ことも、「努力」と「苦労」の違いを分からなくさせる原因になりがちです。

「他人」や「周囲」と比較して、「自分」がどうなのか…ということを気にし過ぎる人は、

 

自分が本当に望んでいること」よりも、「世間体」であったり、「他人」や「世間」からの「評価」を気にして、そこに自分自身を当てはめようとしてしまいがち

 

な傾向が強まるため、例え「頑張る」にしても、

 

自分の「価値」や「強み」を理解した上での「頑張り」だとは必ずしも言えない

 

ものになりがちで、

 

周囲に対して「見栄」を張ったり、「無理」をしてしまう

 

こともまた、「頑張っているはず」「努力をしているはず」なのに、うまく行かない原因だったりします。

 

 

また、「努力」と「苦労」の最大の違いとして、

 

努力」は人を成長させるけれども、「苦労」は人を歪ませる

 

ため、「苦労」をしてきた人ほど、周囲にもまた「苦労」を強いる…といった、理不尽なことをやりがちです。

「自分が子供の頃はそうだった」とか、「この業界はこうなんだ」という理由を付けて。

 

自分に「自信」がなく、「弱い立場」の人であればあるほど、そうした「理不尽」を呑み込むしかない。

そして、その「理不尽」によって、本当は「才能」があったり、「可能性」があったかも知れない人が潰されてしまう。

 

努力」は何かを「生み出す」ことをしても、「苦労」は人を「擦り減らす」だけ

 

だからこそ、「努力」と「苦労」を取り間違ってはいけないのです。

 

 

西洋占星術にお詳しい方であれば、ご存知かと思いますが、2008年〜2023年まで、「破壊」と「再生」を意味する「冥王星」が、「山羊座」に入っているため、

 

2008年〜2023年までの間は、「無駄なもの」「効率が悪いもの」「不要なもの」がどんどん断ち切られて行く時期

 

とも言えます。

そうした時期に「苦労」を買ってまでしてしまうということは、文字通り「骨折り損のくたびれ儲け」ということになりかねません。

 

「命」と「時間」、「若さ」は「有限」のものです。

昨今、よくありがちな「楽して○○する」というよりも、

 

より「効率良く」、かつ、「時代に即したやり方」で、それでいて「自分に合ったやり方

 

を追求して行くことが、今後、より幸不幸を分けるポイントになるのではないかと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2018.11.02 Friday
  • 19:30