Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

季節の風水

2019年の「母の日」&「父の日」の運気アップのための「3つ」のポイント

photo_0084

 

こんにちは。鏡月です。

 

「ゴールデンウィーク」も終わり、そろそろ気になってくるのが、

 

「母の日」と「父の日」

 

なのではないかと思います。

暦の上では、毎年、

 

  • 5月の「第2」日曜日→母の日
  • 6月の「第3」日曜日→父の日

 

にあたるわけですが、今年、2019年(己亥×八白)の「母の日」と「父の日」は、

 

  • 母の日→5月12日(
  • 父の日→6月16日(

 

になります。

 

 

今年(己亥×八白)は、家族」を大切にすることが開運のポイントなのですが、その中でも、

 

(義両親を含む)」や「祖父母」、「先祖」など「目上の人」を大切にすること

 

が重要なポイントになります。

(ただし、「毒親」など、問題がある場合は除く)

 

そのため、「母の日」と「父の日」は、日頃の感謝の気持ちを込めて、「プレゼント」をしたり、「食事」に誘ってみたりされることをオススメしたいのですが、今年の「母の日」と「父の日」のラッキーアドバイスを「3つ」、お伝えさせていただきたいと思います。

 

 

〆Gは「鉢植え」のお花・観葉植物がオススメ

 

今年(己亥×八白)は「」の気の年ということもあり、入院中」や「病気療養中」以外ということであれば、

 

鉢植え」のお花がオススメ

 

です。

(「入院中」や「病気療養中」の場合は、「切り花」のアレンジをオススメします)

 

今年は、いつもの「定番」のスタイル(例:赤いカーネーション)よりは、「花」の種類を変えたり(例:胡蝶蘭など)、「寄せ植え」のものなど、「アレンジ」をきかせたものがオススメです。

 

 

 

「切り花」ということであれば、今年の「ラッキーフラワー」である、

 

  • カサブランカ
  • チューリップ
  • フリージア
  • マーガレット
  • カスミソウ

 

を加えたフラワーアレンジを贈るのもオススメですし(「プリザーブドフラワー」でもOKです)、今年(己亥×八白)は「閉じ込められたもの」や「封じられたもの」もラッキーなので、

 

ハーバリウム

 

を贈るのもオススメです。

 

 

 

「父の日」の場合は、勿論、「お花」を贈ってもいいのですが、

 

  • 男性→植物
  • 女性→花

 

の方がラッキーなので、「父の日」の場合でしたら、「お花」の他にも、

 

観葉植物

 

を贈るのもオススメです。

今年の「ラッキープランツ」である、

 

  • ミリオンバンブー
  • サンスベリア
  • ドラセナ
  • 金のなる木
  • エバーフレッシュ

 

を贈るのもオススメです。

 

 

 

△花や植物以外であれば、「マッサージグッズ」がオススメ

 

今年(己亥×八白)は、

 

体の柔軟性」が運気を左右する年

 

なので、

 

腰痛」や「肩こり」は普段からこまめに解消

 

してあげると運気がアップします。

そのため、今年、「お花」や「植物」以外でプレゼントするならば、

 

手軽に使えるマッサージグッズ

 

がオススメです。

(小さなお子様であれば「肩たたき券」を30枚くらい発行してあげれば、お父さん・お母さんは号泣して喜んでくれるかも知れません)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドクターエア 3DマッサージピローS MP-001
価格:9000円(税込、送料無料) (2019/5/8時点)

 

 

また、今年は「職業病」に注意が必要な年でもあるので、例えば、普段の仕事において、パソコンでの作業が多く、目を酷使している仕事をしているようであれば、

 

アイケアグッズ

 

をプレゼントするのもオススメです。

 

 

 

「食事」を楽しみたいなら、出身地の「郷土料理」がオススメ

 

「食事を楽しみたい!」ということであれば、ちょっと贅沢に「お寿司」や「懐石料理」もいいのですが、今年は出身地」や「ふるさと」を大切にすることが開運のポイントなので、

 

出身地の「郷土料理

 

をいただくことをオススメします。

数々の「郷土料理」の中でも、勿論、「お好きなもの」でも結構なのですが、

 

ハレの日」に食べる料理

 

がベストです。

 

 

 

今年は「後世に伝える」ことが重要な年でもあるので、ご家庭で料理を作られる場合は、

 

「親」から教わったり、「子供」と一緒に作りながら教える

 

というのもオススメです。

 

 

以上の「3つ」のポイントを踏まえた上で、ご家族みんなで素敵な「母の日」「父の日」をお過ごし下さい。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 11:30