Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

仕事運

新型コロナウィルス収束「後」の社会の変化を踏まえた上での戦略を立てよう!

photo_0099

 

こんにちは。鏡月です。

 

昨今の社会情勢が非常に目まぐるしいこともあり、最近は「Facebook」を中心に情報発信をしているため、久し振りのブログ更新になります。

 

おそらく、現時点(2020年3月25日(水)現在)において、皆様の最大の関心事は、

 

今後、社会はどのように変わってしまうのかどうか

 

ということなのではないかと思います。

 

 

結論から先にお伝えさせていただくと、

 

今回の「新型コロナウィルス」の感染拡大で壊れてしまったものは、二度と元には戻らない

 

ため、

 

「感染症が一段落したら、また元の状態に戻るか?」と言われたら、そうならない可能性が非常に高い

 

ため、「星回り」からも、「現実面」からも、

 

感染症の「」と「」では、全く違った社会になってしまう

 

ことが予想されるため、また感染拡大「前」に戻るであろうことを想定して、ただじっと事態の収束を待っているだけでは、残念ながら、「時代の波」に淘汰されてしまう可能性が高いでしょう。

 

確かに今は、「忍耐」の時期ではありますが、

 

目の前の現実に耐えつつも、感染症が落ち着いた「」のことを見据えながら、それに向けての準備を進めて行く必要がある

 

ということを常に頭の片隅に入れて、今後の計画を立てていただければと思います。

 

とは言え、あらゆる事象の中でも、特に皆様が一番気になるのは、「生活の糧」である、「仕事」の在り方がどう変化することになるのか?ということなのではないかと思います。

 

そこで今回は、「仕事」にクローズアップして、星回りの観点から見た、今後のビジネスの展開して行く上で、頭の片隅に入れておいていただきたいポイントを「3つ」お伝えさせていただきます。

 

 

,修譴任癲グローバル化」は止められない

 

今回の「新型コロナウィルス」の感染拡大について、「行き過ぎたグローバリズムのせいでこうなった」という説もありますが、確かにそれも原因の一つであると思います。

 

ただ、これだけ「インターネット」が普及した世の中において、もはや「グローバル化」は止められない

 

ので、これが「国」や「地方自治体」、「企業」であれば、

 

「内需」と「外需」のバランスを踏まえた上で、どのように「国際競争力」を高めつつ、「グローバル化」を進めて行くのか

 

が今後の課題になりますし、「個人」であれば、以前からお伝えさせていただいているように、

 

国内外でも通じる「能力」を身につけること

 

が「引き続き」の課題になりますので(「多角化(水平型)」と「多国籍化」戦略)、常に頭の片隅に入れておいていただけたらと思います。

 

 

ただ、今後も「グローバル化」が止められない以上、

 

今回のような「感染症」がまた再び起こるリスクは引き続き存在し続ける

 

ので、今回の「新型コロナウィルス」のケースに学び、今後、こうしたことがまた発生した場合、どのように対処するかということも考えなければならないわけですが、それと同時進行的に起こって来るであろう論点が、

 

無人化」によって、「経済活動」の減少を少しでも抑えるために何が出来るのか

 

ということになってくるのではないかと思います。

 

 

■腺匹箜銅錺轡好謄爐砲茲襦無人化」が進む

 

経済は「」「」「」の3つの動きによって成り立っているわけですが、

 

その会社に1人でも感染者が出ると、会社(工場)をストップさせ、良くて「テレワーク」への切り替え、最悪、「操業停止&自宅待機」になってしまう

 

ことになり、その間の「人」「物」「金」の動きが止まるor鈍ってしまい、結果として、企業の経済活動に大きなダメージを与えることになってしまうわけですが、

 

いかに「人」「物」「金」の動きを止めず、経済活動を回し続けるにはどうしたらいいか

 

という観点から考えた、新しい「生産体制」や「サービス体制」というのが、今後、どの企業も今まで以上に強化する方向へと流れて行くのではないかと思います。

 

具体的な一例としては、

 

  • 工場の無人化
  • 「農業」や「畜産業」、「養殖業」への「AI」の導入による生産の向上
  • Amazon Go」に代表されるような無人店舗
  • 「自動運転」や「ドローン」による物流
  • 「コールセンター」におけるAIの活用
  • 都市の「スマートシティ」化
  • 「VR」によるライブや演劇の配信
  • 「オンライン診療」の更なる拡大

 

など、「人」を「最小限」にし、これまで「人」が大きく関わってきた部分を「AI」や「ロボット」などに代替させる…といった方向性に加速がかかるのではないかと思います。

 

ただ、それには「法律面」で変えなければならないことも出て来ますし、「設備投資」や「技術開発」への投資、業務上における「オペレーション」の改善等々、様々な課題が発生して来るわけですが、それを踏まえた上で、今後どうして行くのが良いのか、何に向けて準備すべきかをしっかり見据えて、着々と準備を進めて行っていただけたらと思います。

 

 

「テレワーク」によって「オフィスの在り方」が変わる

 

「テレワーク」によって、「働き方」ということもそうですが、

 

これまでのような「オフィス環境」が必ずしも必要であるとは限らない

 

ということに気付いてしまった人や企業も多いのではないかと思います。

 

「オフィス環境」ということに関して言えば、

 

  • オフィスの縮小化
  • 「郊外」や「地方」への移転
  • 地方や海外在住の人を「テレワーク」という形で雇用する

 

といったことが出て来るのではないかと思いますし、「公務員」や「インフラ」関係、「その土地でないと出来ないような仕事」を除いては、

 

従来の様に「場所」にこだわらなくて良くなる

 

ので、「働き方」だけでなく「場所」という点においても、今後は「選択肢の幅」が広がるのではないかと思います。

 

ただ、「テレワーク」という働き方が選択肢の一つとして入ったことにより、

 

これまで「正社員」での契約だったものが「請負化」するなどして、働く人の「個人事業主化」が進むのではないか

 

と思います(ここで出て来るのが「副業」よりも「複業」という考え方になります)。

 

 

また、経営が非常に厳しい「飲食業」に関して言えば、「星回り」から見た上での個人的な見解をお伝えさせていただくと、いくら「新型コロナウィルス」の感染が収まったとしても、感染拡大「」と比較して客足が減ることが考えられるので、従来の「店舗での営業」の他にも、

 

  • 「お弁当」や「お持ち帰りメニュー」といったテイクアウトでの提供(「デリバリー」も含む)
  • 宅食事業
  • ネット通販

 

といったことも含めて回していかないと、今後の飲食業における店舗・会社経営は厳しいものになってしまうのではないかと思いますし、今後、感染が収束したとしても、

 

大規模なチェーン」か、個人経営で地道にやっているような「小規模なお店」かに二分される可能性が高い

 

ので、「中規模」なところは経営が難しくなって行くのではないかと思いますし、

 

「オフィスの在り方」が変わる結果、「オフィス街」にあるお店であればあるほど「変化」を求められる

 

のではないかと思います。


 

以上、取り急ぎ「3つ」のポイントをお伝えさせていただきましたが、

 

この3〜6月までの間、収束「」の社会の変化を見据えた上で、ビジネスの「種」を蒔くことが出来るかどうかが勝負

 

なので、今回のアドバイスをヒントにして、今後の「ビジネス」であったり、「働き方」にお役立ていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 22:00

吉方位旅行

2020年の3月&12月の「同会月」での吉方位旅行のポイント

photo_0098

 

こんにちは。鏡月です。

 

2020年(庚子×七赤)は、九星気学上では「同会月(通称:旅行月)」が「2回」あり、

 

  • 3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)
  • 12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)

 

と、どちらも比較的「旅行」しやすい時期に「同会月」が来るため、この春or年末年始に「吉方位旅行」に行かれるご予定の方も多いのではないかと思います。

 

 

まず、大前提として、今年の「全員共通の凶方位」は、

 

  • 東→五黄殺
  • 西→暗剣殺
  • 南→歳破

 

の「3つ」と、これらの3つの他に、「取り扱いに注意が必要な方位」として、

 

  • 南東→定位対冲

 

があります。

 

なお、「定位対冲」については、「吉方位」として使用可能とされている方もいらっしゃいますが、「定位対冲」の方位を取った場合、

 

例え「吉方位」で取ったとしても、思ったような効果が現れにくく、運気が伸び悩みやすい

 

という特徴があるため、当事務所では「定位対冲」を吉方位としてオススメはしておりませんので、予めご理解の上、読み進めて下さいます様、お願い致します。

 

 

この他、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)」のそれぞれの「月破」の方位は、

 

  • 3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)→東(年・月の「五黄殺」と重なるので注意)
  • 12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)→南(年の「歳破」と重なるので注意)

 

となりますので、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」or「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)」に上記の方位に行かれる際は特にご注意下さい。

 

それぞれの凶方位の作用については、当事務所ホームページの『凶方位の種類』と『方位×九星ごとの効果一覧表』をご参照下さいます様、お願い致します。

 

また、吉方位旅行に行った後の、それぞれの方位(九星)ごとの「好転反応(毒出し)」につきましては、『吉方位旅行後の好転反応(毒出し)について』で各自ご確認下さい。

 

 

なお、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)」の年・月・日の「3つ」の方位盤が重なる日は以下の通りです。

 

以下の日にちを「出発日」にすると、九星気学での吉方位旅行の効果が更にアップするので、可能であれば、出発日を以下の日にちに調整されると◎です。

 

その日の「日破」が、「年」「月」の両方にとって凶方位(東、南東、南、西)と重なる場合であれば、行きたい方位にそのまま行っていただいて構わないのですが、それ以外の方位(北、北東、南西、北西)になってしまう場合は、例え3つの方位盤が揃う日であったとしても、「出発日」としてはあまり適していないのでご注意下さい。

 

 

☆3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)

 

  • 7日(
  • 16日(月)→この日は「北」が「日破」になるので「」への吉方位旅行はNG
  • 25日(水)
  • 4月3日(

 

☆12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで)

 

  • 13日()→この日は「南西」が「日破」になるので「南西」への吉方位旅行はNG
  • 22日(火)
  • 31日(木)→この日は「北東」が「日破」になるので「北東」への吉方位旅行はNG

 

 

当事務所ホームページにも、『2020年の吉方位』を掲載させていただいておりますが、以下、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の各九星の吉方位と、オススメの吉方位プランについて、お伝えさせていただきたいと思います。

 

なお、「吉方位旅行に関するご質問」や「個人的なご相談」がございましたら、「鑑定」をお申込み下さいます様、お願い致します(「お問い合わせ」では回答しませんのでご理解・ご了承下さいます様、お願い致します)。

 

 

^貲鮨綫→「」のみ

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「一白水星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北(四緑木星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

のみになります。

 

「北」の方位から得られる主な運気は、

 

  • 北→恋愛運(出会い運/男性)、仕事運・学業運、就職運、人間関係運、アンチエイジング運

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「一白水星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 「温泉」付きのホテル・旅館や、心も体もリラックス出来る落ち着いた環境の宿を選ぶ
  • 旅先で初めての体験にチャレンジしたり、これまで行ったことのない場所へ行ってみる
  • その季節ならではの風景(例:お花見)や、その地域の特産品、旬の食べ物を味わう
  • 早起きをして、日の出の「朝日」を浴びる
  • お土産に食器やマグカップ、塩を買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北】

  • 「駅」や「空港」からアクセスの良いホテルに宿泊する(遠い場合は「送迎付き」の宿を選ぶと◎)
  • 「森林浴」や「キャンプ」をしたり、「自然豊かな場所」を巡る旅にする
  • 旅先で「写真」や「動画」を撮ったり、旅先で「SNS」を更新する
  • 「朝風呂」に入る(ホテル周辺を散歩してもOK)
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

 

二黒土星→「北西」のみ

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「二黒土星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北西(八白土星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

のみになります。

 

「北西」の方位から得られる主な運気は、

 

  • 北西→出世運、転職運、事業運、財運、投資運、不動産運、後継者運、配偶者(夫)の運気アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「二黒土星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 「リゾートホテル」や「海」が見えるホテル・旅館に宿泊する
  • 旅先では「オシャレな服装」を心掛け、「メイク」もしっかりやる
  • 滞在中は、「帽子」や「日傘」、「サングラス」など、「紫外線対策」をしっかりする
  • 有名な神社仏閣や教会、パワースポットへ行く
  • お土産に「ラインストーン」などキラキラした素材を使った雑貨や手鏡、コスメを買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北西】

  • 「高級ホテル」や「高級旅館」など、グレードの高いホテル・旅館に宿泊する(「割引プラン」をうまく活用すると◎)
  • 「温泉」や「スパ」で体の疲れを癒す
  • 現地の「名所旧跡」や「神社仏閣」、「教会」に足を運ぶ
  • 入浴後に「ストレッチ」や「柔軟体操」をして、体を柔らかくする
  • 現地で「募金」or「宝くじ」を購入して、金毒(お金についている厄)を浄化する

 

 

三碧木星→「北東」or「南西

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「三碧木星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北東(一白水星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南西(四緑木星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

になります。

 

それぞれの方位から得られる主な運気は、

 

  • 北東→停滞した物事の改善、金運、再チャレンジを成功させる、夫婦関係の改善、女性の全体運アップ
  • 北西→出世運、転職運、事業運、財運、投資運、不動産運、後継者運、配偶者(夫)の運気アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「三碧木星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 「寝具にこだわりのある宿」に宿泊し、滞在中、睡眠時間は長めに取る(遅くとも23時〜翌1時までには寝ること)
  • 旅行の日程は長めにし、スケジュールは余裕を持って緩めに組む
  • 「マッサージ」や「エステ」、「瞑想」をしてリラックスする
  • 「滝」や「渓谷」などマイナスイオンの多い場所へ行く
  • お土産に石鹸などの「バスグッズ」や「タオル(タオル地のハンカチ)」、「リップクリーム」を買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北東】

  • 「高層階」や「高台」にあるホテル・旅館に宿泊する
  • あちこち動かず、1〜2カ所を回る程度にする(滞在中は同じ宿泊先に「連泊」した方が吉)
  • 「温泉」や「スパ」、「マッサージ」で心身の疲れを癒す
  • 滞在中は「朝型」の生活を心掛け、「朝市」など早朝に外出したり、ホテルの周辺を「散歩」をすると◎
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

【南西】

  • 「○○割」など、「リーズナブルな価格」で宿泊出来るプランを利用する
  • 「ショッピングモール」や「市場」でショッピングを楽しむ
  • 現地ではなるべく「公共交通機関」を使うor「歩く」ようにする
  • 現地の「郷土料理」や「野菜」、「果物」をいただく
  • 旅行期間中は、「香水」や「アロマオイル」など、「香り」を身にまとう(スーツケースに「サシェ(匂い袋)」を入れておくのもオススメ)

 

 

せ洋侈收→「」のみ

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「四緑木星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北(四緑木星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

のみになります。

 

「北」の方位から得られる主な運気は、

 

  • 北→恋愛運(出会い運/男性)、仕事運・学業運、就職運、人間関係運、アンチエイジング運

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「四緑木星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 「湯治プラン」や「レディースプラン」など、「お得な宿泊プラン」を利用する
  • 旅先の「ショッピングセンター」や「話題の場所」など、現地で人気の場所を訪れる
  • 現地の「カジュアルなレストラン」や「屋台」、「カフェ」での食事やお茶を楽しむ
  • 「マッサージ」を受けて、体の疲れとコリをほぐす(特に足ツボマッサージがオススメ)
  • お土産に普段使い出来る小物や雑貨、アクセサリーを買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北】

  • 「駅」や「空港」からアクセスの良いホテルに宿泊する(遠い場合は「送迎付き」の宿を選ぶと◎)
  • 「森林浴」や「キャンプ」をしたり、「自然豊かな場所」を巡る旅にする
  • 旅先で「写真」や「動画」を撮ったり、旅先で「SNS」を更新する
  • 「朝風呂」に入る(ホテル周辺を散歩してもOK)
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

 

ジ涓土星→「北西」のみ

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「五黄土星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北西(八白土星)→比和(中吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

のみになります。

 

「北西」の方位から得られる主な運気は、

 

  • 北西→出世運、転職運、事業運、財運、投資運、不動産運、後継者運、配偶者(夫)の運気アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「五黄土星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 駅や空港、高速道路のインターチェンジからアクセスの良いホテル・旅館に宿泊する
  • 目的地には「最短ルート」で行き、旅行先でゆっくり過ごす
  • 旅行中&移動中はなるべく音楽を聴く(就寝時にBGMを流すのもオススメ)
  • 旅行先から電話をかけたり、メールやSNSを送る
  • お土産にオルゴールやイヤホンなど「音に関するもの」や、スマホカバーを買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北西】

  • 「高級ホテル」や「高級旅館」など、グレードの高いホテル・旅館に宿泊する(「割引プラン」をうまく活用すると◎)
  • 「温泉」や「スパ」で体の疲れを癒す
  • 現地の「名所旧跡」や「神社仏閣」、「教会」に足を運ぶ
  • 入浴後に「ストレッチ」や「柔軟体操」をして、体を柔らかくする
  • 現地で「募金」or「宝くじ」を購入して、金毒(お金についている厄)を浄化する

 

 

ο伺魘眄→「北東」のみ

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「六白金星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北東(一白水星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

のみになります。

 

「北東」の方位から得られる主な運気は、

 

  • 北東→停滞した物事の改善、金運、再チャレンジを成功させる、夫婦関係の改善、女性の全体運アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「六白金星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 宿泊先のホテル・旅館は、「口コミで評判の宿」にするか、「ネット予約」をして行く
  • 旅先で「ネイル」を楽しむ(ネイルが出来ない場合は、旅行前に手足の爪を切ってから旅行に行く)
  • 現地の市場やショッピングセンターで「ウィンドウショッピング」を楽しむ
  • 旅先で美味しいと評判のお店で、ラーメンやパスタなどの「麺料理」を食べる
  • お土産に香水やアロマオイルなど、「香り」に関するものを買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北東】

  • 「高層階」や「高台」にあるホテル・旅館に宿泊する
  • あちこち動かず、1〜2カ所を回る程度にする(滞在中は同じ宿泊先に「連泊」した方が吉)
  • 「温泉」や「スパ」、「マッサージ」で心身の疲れを癒す
  • 滞在中は「朝型」の生活を心掛け、「朝市」など早朝に外出したり、ホテルの周辺を「散歩」をすると◎
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

 

Ъ契峩眄→「北東」or「北西

 

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「七赤金星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北東(一白水星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 北西(八白土星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

になります。

 

それぞれの方位から得られる主な運気は、

 

  • 北東→停滞した物事の改善、金運、再チャレンジを成功させる、夫婦関係の改善、女性の全体運アップ
  • 北西→出世運、転職運、事業運、財運、投資運、不動産運、後継者運、配偶者(夫)の運気アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「七赤金星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • 「マイペース」で過ごせる宿であることがポイントなので、「過去に宿泊したことがある宿」か「サービスが行き届いている宿」を選ぶ
  • 旅先では「1日3食」しっかり食べるように心掛ける
  • 「岩盤浴」や「砂風呂」、「サウナ」に入り、デトックスをしてくる(入浴後に「ストレッチ」をすると◎)
  • 古くなった下着や靴下など、旅先で何か一つ捨ててくる
  • お土産に、金属製のアクセサリーや金属製のペン、金属製のフォトフレームなど「金属製のもの」を買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北東】

  • 「高層階」や「高台」にあるホテル・旅館に宿泊する
  • あちこち動かず、1〜2カ所を回る程度にする(滞在中は同じ宿泊先に「連泊」した方が吉)
  • 「温泉」や「スパ」、「マッサージ」で心身の疲れを癒す
  • 滞在中は「朝型」の生活を心掛け、「朝市」など早朝に外出したり、ホテルの周辺を「散歩」をすると◎
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

【北西】

  • 「高級ホテル」や「高級旅館」など、グレードの高いホテル・旅館に宿泊する(「割引プラン」をうまく活用すると◎)
  • 「温泉」や「スパ」で体の疲れを癒す
  • 現地の「名所旧跡」や「神社仏閣」、「教会」に足を運ぶ
  • 入浴後に「ストレッチ」や「柔軟体操」をして、体を柔らかくする
  • 現地で「募金」or「宝くじ」を購入して、金毒(お金についている厄)を浄化する

 

 

八白土星→なし

 

「八白土星」の方の場合、今年の「年」の方位盤において、

 

2020年は「年」の吉方位がない状態

 

のため、今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」において、八白土星の方が「吉方位」として使える方位は、残念ながらございません。

 

そのため、「吉方位旅行」をすることは出来ませんが、「同会月」の間は、以下の開運行動をオススメします。

 

  • 「マナー」や「礼儀作法」、「言葉遣い」に気を付け、エレガントな立ち居振る舞いを心掛ける
  • 「募金」や「寄付」、「ふるさと納税」をして、金毒(お金についている厄)を浄化する
  • 1日5分でもいいので、「読書」や「趣味の時間」など、「一人の時間」を充実させる
  • 休日は「博物館」や「美術館」、「展覧会」、「史跡」など、教養を磨ける場所に出掛ける
  • 「お米」にこだわるなど、いつもより「主食の質」をアップさせる

 

 

九紫火星→「」or「南西」or「北西

 

 

今年の「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で「九紫火星」の方が「吉方位」として使える方位は、

 

  • 北(三碧木星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 南西(四緑木星)→生気(大吉)/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)
  • 北西(八白土星)→退気()/国内外の吉方位旅行可(最低100km以上)

 

になります。

 

それぞれの方位から得られる主な運気は、

 

  • 北→恋愛運(出会い運/男性)、仕事運・学業運、就職運、人間関係運、アンチエイジング運
  • 南西→恋愛運(出会い運/女性)、結婚運、人間関係運、インターネットや口コミでの評価アップ
  • 北西→出世運、転職運、事業運、財運、投資運、不動産運、後継者運、配偶者(夫)の運気アップ

 

となります。

 

今年、1年間を通じての、「九紫火星」の方の吉方位旅行のポイントとしては、

 

  • いつもよりワンランク上のホテル・旅館に宿泊する(「食事付き」のプランが◎)
  • 旅行先のホテルのラウンジやカフェで「ティータイム」を楽しむ
  • 国内の場合、旅先の銀行or郵便局のATMでお金を引き出す(海外の場合は、現地の通貨をお土産として持ち帰り、「種銭」として財布の中に入れておくと◎)
  • 夕陽の名所で夕陽を眺める
  • お土産に「コーヒー」や「紅茶」、「お酒」などの「嗜好品」を買う

 

となっておりますが、「3月(3月5日(木)〜4月3日(金)まで)」と「12月(12月7日(月)〜翌年1月4日(月)まで」の「同会月」で、更にプラスしたいポイントは以下の通りです。

(全部実行しなくても、1〜2個プラスしていただく程度でOKです)

 

【北】

  • 「駅」や「空港」からアクセスの良いホテルに宿泊する(遠い場合は「送迎付き」の宿を選ぶと◎)
  • 「森林浴」や「キャンプ」をしたり、「自然豊かな場所」を巡る旅にする
  • 旅先で「写真」や「動画」を撮ったり、旅先で「SNS」を更新する
  • 「朝風呂」に入る(ホテル周辺を散歩してもOK)
  • 「朝食」をしっかり摂る(「朝食付きプラン」を選ぶのもオススメ)

 

【南西】

  • 「○○割」など、「リーズナブルな価格」で宿泊出来るプランを利用する
  • 「ショッピングモール」や「市場」でショッピングを楽しむ
  • 現地ではなるべく「公共交通機関」を使うor「歩く」ようにする
  • 現地の「郷土料理」や「野菜」、「果物」をいただく
  • 旅行期間中は、「香水」や「アロマオイル」など、「香り」を身にまとう(スーツケースに「サシェ(匂い袋)」を入れておくのもオススメ)

 

【北西】

  • 「高級ホテル」や「高級旅館」など、グレードの高いホテル・旅館に宿泊する(「割引プラン」をうまく活用すると◎)
  • 「温泉」や「スパ」で体の疲れを癒す
  • 現地の「名所旧跡」や「神社仏閣」、「教会」に足を運ぶ
  • 入浴後に「ストレッチ」や「柔軟体操」をして、体を柔らかくする
  • 現地で「募金」or「宝くじ」を購入して、金毒(お金についている厄)を浄化する

 

 

以上のポイントをご参考の上、今年の「同会月」での吉方位旅行で運気アップしていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2020.01.23 Thursday
  • 00:30

人間関係運

生まれた日の「十干」のタイプ別人付き合いのポイント

photo_0097

 

こんにちは。鏡月です。

 

職業柄、「個人」や「企業」問わず、いろいろなケースを拝見させていただいている中で、日々、感じることがあるのですが、

 

適材適所」になっている人や企業は伸びしろがあるのに対し、行き届いていない人や企業ほど伸び悩んでいる

 

と傾向があります。

 

経験」があるからとか、「資格」を持っているからと言って、その仕事が本当にその人に合っているとは限らない

 

わけですが、「その人」自身をよく見て、冷静に判断すれば分かることであっても、「肩書き」や「目先のこと」にとらわれてしまうと間違った判断を下しがちに

 

 

「的中率」という観点から言えば、よくテレビや雑誌などで見掛けるような「星座占い」レベルではあるのですが、大まかに「人となり」を判断出来るツールに、

 

生まれた日の「十干

 

があるのですが、「十干」には、

 

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

 

の「10種類」があり、それぞれの五行、及び、陰陽は、

 

  • 甲→「」の気の「
  • 乙→「」の気の「
  • 丙→「」の気の「
  • 丁→「」の気の「
  • 戊→「」の気の「
  • 己→「」の気の「
  • 庚→「」の気の「
  • 辛→「」の気の「
  • 壬→「」の気の「
  • 癸→「」の気の「

 

となります。

 

人間関係において、生まれた日の「十干」が分かれば、大まかな「傾向」と「対策」が分かるので、

 

  • 「自分自身の傾向」を知った上で行動出来る
  • 人付き合いにおいて、その人の大まかな「人となり」が分かるので、今までよりも人付き合いが楽になる
  • 職場において、「適材適所」を知るための一助となる

 

などといったことにお役立ていただけます。

 

なお、生まれた日の「十干」については、「四柱推命」のサイトなどで調べられますので(こちらのサイトなどもご参考になるかと思います)、各自でお調べいただければと思います。

 

 

生まれた日の「十干」ごとの傾向と対策については、以前、『2017年開運セミナー』でお伝えさせていただいた内容なのですが、勿論、上記の「十干」による判断方法が全てではないものの、

 

人間だから、多少の「好き嫌い」はあったとしても、少なくとも「」になる人は減る

 

のではないかと思いますので、是非、ご参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

\犬泙譴親の十干が「甲」の人

 

☆「甲」の人の長所

  • 「向上心」が強く、目標を持って努力が出来る
  • 「リーダーシップ」があり、自分を慕って来る人には親切に接する親分肌
  • 素直でストレートな性格だが、情にもろいところがある
  • 積極性&行動力&度胸があり、知識や経験を基に、自らどんどん前に進むタイプ
  • 細かいことにこだわらない、竹を割ったようなサッパリした性格
  • 「0→1」を生み出すタイプ

 

★「甲」の人の短所

  • 一度決めたらテコでも動かないため、頑固で融通が利かない
  • プライドが高く、人に頭を下げることが苦手
  • 挫折に弱く、一旦ショックを受けると立ち直りが遅い
  • 「権威主義」なところがあり、自分より上の立場の人には下手に、下の立場の人には一転して横柄に出るところあり
  • 「イライラ」や「ヒステリー」で人間関係を壊しやすい
  • 「お金の計算」が苦手

 

 

∪犬泙譴親の十干が「乙」の人

 

☆「乙」の人の長所

  • 柔軟な考え方を持ち、その場の状況に応じて臨機応変に対応することが出来る
  • 人に対する気配りや配慮が出来るので、「補佐役」としての能力が高い
  • 「几帳面」なので、「物事の計算」や「段取り」が得意
  • 普段はあまり表に出たがらないが、いざというときに思わぬ実力を発揮する
  • 真面目で慎重で、「石橋を叩いて渡る」タイプ
  • 「1→10」に出来るタイプ

 

★「乙」の人の短所

  • 周囲の環境や意見左右されやすく、自分の意見を確立しにくい
  • 「NO」とハッキリ断れないタイプのため、ついズルズルと頼まれごと引き受けてしまう
  • 頭の中である程度の「シミュレーション」が出来ないと動けない不安症
  • 人が決めたことに沿ってシナリオを立てるのは得意だが、自分がゼロから筋道を決めるのは苦手
  • 追い詰められると人を裏切るタイプ
  • 「八方美人」になりやすい

 

 

生まれた日の十干が「丙」の人

 

☆「丙」の人の長所

  • 「チャレンジ精神」が旺盛で、未知のことや未経験のことにどんどん飛び込んで行けるタイプ
  • 本番に強く、度胸もあるため、営業や広報など、人前でどんどん発表をするのに向いている
  • 自分が情熱を注げることには、とことん努力するタイプ
  • 性格の表裏がなく、細かいことは気にしない大らかなムードメーカー
  • おだてに弱く、気に入った人の面倒はとことん看るタイプ
  • 挫折に強く、精神的にタフ

 

★「丙」の人の短所

  • 「好き嫌い」や「気分のアップダウン」が激しく、その時々の状況で物事にムラが出来てしまいやすい
  • 自信過剰で横柄になりやすい
  • 一度思い込んだら、人の言うことにはあまり耳を貸さないタイプ
  • 「チャンスを掴む」才能はあっても、「継続&改善」といった地道な作業は苦手
  • 「自己顕示欲」が強く、人に自分を合わせるのが苦手
  • 勢いはあるが、物事の詰めが甘く、最後で失敗しやすい

 

 

だ犬泙譴親の十干が「丁」の人

 

☆「丁」の人の長所

  • 「観察力」や「情報分析能力」が優れているため、人に物事を教えたり、その場の状況に合わせた対策を取ることが得意なタイプ
  • 「芸術的な感覚」や「トレンドを察知する能力」に優れ、それを取り入れるのが上手
  • 場の空気を読んで、その場を和ませる「調整役」としての能力が高い
  • 自分なりの「正義感」や「哲学」を持っていて、「独自の世界観」を形成している
  • 表立って自分の意見を出さないが、内に情熱を秘めていて、陰でコツコツ努力するタイプ
  • 「リスクマネジメント能力」が高い

 

★「丁」の人の短所

  • 基本的には穏やかで親切な性格だが、反発する相手には徹底的に反発する怒らせると怖いタイプ
  • ちょっとでも「面倒臭い」と感じたら、波風を立てず計画的に逃げる(しかも逃げ足が速い)
  • 物事を必要以上に緻密に計算をし過ぎてしまい、悩みを増やして行動出来なくなってしまう面あり
  • 「モラル」や「正しさ」にこだわるあまり、正論に走って敵を作る
  • その場の雰囲気から自分の意見を飲み込んでストレスを溜めやすい
  • 「器用貧乏」になりやすい

 

 

ダ犬泙譴親の十干が「戊」の人

 

☆「戊」の人の長所

  • 「安定志向」のため、極端な失敗や道を外すようなことは少ないタイプ
  • 周囲を冷静に観察した上で自分の出方を決めるところがあるので、要領が良く、計算高いところがある
  • 意志が強く、一旦決めたことは最後まで貫き通す努力家
  • 「忍耐力」や「包容力」が高いため、どんな場面でもソツなくこなし、人の面倒見も良いので、人に頼りにされることが多い
  • 孤独に強く、精神的にタフ
  • 一度人を信じたら、信じ抜く

 

★「戊」の人の短所

  • 基本的に行動に移すまで時間がかかるタイプだが、時々移り気になり迷走するところがある
  • 「固定観念」が強く、頭が固い
  • 「自分の考え」や「感情」が表に出にくいため、周囲から「何を考えているのか分からない人」扱いをされやすい
  • 自分のことをオープンに出来るまで時間がかかり、交友関係も狭い
  • 忍耐強いが、一定のラインを超えるとブチ切れ、二度とその人を許すことはない
  • 一度は人の上に立つことを勧められるが、強引さがないので、参謀役・現場の方がうまく行くタイプ

 

 

生まれた日の十干が「己」の人

 

☆「己」の人の長所

  • 「仲間意識」が強く、周囲との「和」や「協調性」を重んじる
  • 自分に厳しく、更に上を目指してコツコツ努力を続ける努力家
  • 「バランス感覚」があり、いろんな物や考え方を取り入れて、自分なりのアレンジをすることを得意とする
  • 「マナー」や「モラル」を重んじ、親切で、人の立場に立って物事を考え、行動するタイプ
  • 「忍耐力」があり、多少のことではめげない根性がある
  • 「精神性」を重んじ、物事に筋を通す

 

★「己」の人の短所

  • 表面上は穏やかだが、意外と嫉妬深いところがあるため、性格に表裏が出やすい
  • 「NO」と言うことが苦手で、力量以上のことを抱えて自爆しやすい
  • 争いを嫌い、周囲とうまくやって行くことを優先するタイプなので、決断力やリーダーシップに欠ける
  • うまく行っている間はいいが、一旦悪いスパイラルにハマるとどんどん深みにハマりやすい
  • 「自己犠牲」が過ぎて自分を追い込んでしまう
  • 打たれ弱く、特に「精神性」を否定されるとダメージが大きい

 

 

Ю犬泙譴親の十干が「庚」の人

 

☆「庚」の人の長所

  • 負けず嫌いで、行動力があり、目標達成のためにどんな努力も厭わない
  • 物事の価値判断の基準がハッキリしていて、決断のスピードが速い
  • 「観察力」や「分析力」があり、かつ、「合理主義者」なので、改善すべきポイントを見つけるのが得意
  • 「個人戦」に強く、自分に権限を与えられると俄然張り切る
  • 目標とする人やライバルと切磋琢磨出来る環境に身を置くことで、どんどん伸びて行くタイプ
  • 「理論」と「議論」に強い

 

★「庚」の人の短所

  • 基本的には真面目で組織に対して忠実であろうとするが、周囲の意見にあまり耳を傾けない&自己顕示欲が強いため、良かれと思ってやったことが裏目に出やすい
  • 反対されればされるほど、やる気に火をつけてしまい暴走しやすい
  • 「人の気持ち」より「理論」を優先するため、時として人の気持ちを傷付けてしまいやすい
  • 自分の能力が活かせない&成長出来ない環境だと、途端に腐るタイプ
  • 上司と衝突しやすい
  • 意外と繊細な部分があり、精神的に不安定になりやすい

 

 

╂犬泙譴親の十干が「辛」の人

 

☆「辛」の人の長所

  • 頭の回転が速く、場の空気に合わせた立ち居振る舞いが出来る
  • 感性が鋭く、繊細なため、物事の本質や価値を見抜く目に長けている
  • 忍耐力があり努力家なので、コンプレックスや逆境を跳ね返し、大きく成功する力を秘めている
  • 自分のやりたいことはトコトン突き詰める「好きなものこそ上手なれ」のタイプ
  • 表の仕事だけでなく、裏方の仕事も出来るので、「トータルプロデュース」が出来る
  • 常に「変化」と「改革」を続け、進化・成長し続ける

 

★「辛」の人の短所

  • 「長所」よりも「短所」に目が行きやすく、その結果、自分に自信を持てずに卑屈になり、悩むタイプ
  • プライドが高く、不本意なことを命令されたり、批判されたりすると途端にやる気を失う
  • 理想を追求するあまり、一切の妥協を許さないタイプなので、結果として損をすることもある
  • 体が弱く、ちょっとした環境の変化に体が敏感に反応するタイプ
  • 「反骨精神」があり、発言に毒がある
  • 「自分の感情」を表現するのが下手

 

 

生まれた日の十干が「壬」の人

 

☆「壬」の人の長所

  • 「トレンドに敏感」で「未来志向」のため、「情報収集能力」が高い
  • 「状況判断応力」や「分析力」があり、かつ、「変化」に強いので、臨機応変な対応が出来る
  • 大らかで細かいところにこだわらない、楽観的な性格
  • 「チャレンジ精神」が強く、環境適応能力も高いので、スケールが大きい活動に適している
  • 男女共に「自分は自分」と考えているため、周囲の影響を受けにくく、異性で身持ちを崩しにくい
  • 大らかでユーモア精神がある

 

★「壬」の人の短所

  • 依存心が強く、怠け癖があるため、一度自堕落な生活になるとそこから抜け出しにくい
  • 感情の起伏が激しく、短気なところがあるが、それを引きずらない(周囲はドン引きしているが本人はケロッとしている)
  • 束縛や規則を嫌う自由人なところがあるので、組織にはあまり向かない
  • 飽きっぽいところがあるので、ルーティーンワークなど同じことを続けるのが苦手
  • 「好き嫌い」がハッキリしていて、人と無難に接することが苦手
  • 「反骨精神」が旺盛

 

 

生まれた日の十干が「癸」の人

 

☆「癸」の人の長所

  • 親切で世話好きで、人の面倒をよく見るタイプ
  • 「頭脳明晰」で「情報収集能力」が高いので、新しい分野の知識や技術を身に着けるのが得意
  • 「好奇心」が強く「向学心」が旺盛なため、一つのことに研究熱心に打ち込む
  • 事前に計画や段取りを組んでから物事にあたるので、失敗が少ない
  • 普段は温厚だが、「自分が守りたいもの」にはどんな自己犠牲も厭わないタイプ
  • アイデア人間

 

★「癸」の人の短所

  • 意外と頑固で、周囲が何を言っても、最終的には自分のやり方を貫くところがある
  • 一見、人の話を聞いているようで話を聞いていない
  • 小さなことでクヨクヨしがちで、ストレスを溜めやすい
  • 追い詰められると一転して逆ギレするなど、自己保身に走る
  • 人に影響されやすく、本来の目的を見失いやすい
  • 「打算的」なところがあり、目の前のお金や権力に左右されやすい

 

 

以上、十干ごとの「特徴」を踏まえた上で、「自分自身との付き合い方」もそうですが、周囲の人達とよりスムーズな人間関係を築いていっていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 20:30