Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

今年の運気アップアドバイス

2019年は「ふるさと納税」や「国内旅行」をして運気を強化しよう!

photo_0073

 

こんにちは。鏡月です。

 

今年(己亥×八白)は、

 

物事の基礎」や「自分のルーツ」といった、物事や自分自身を作っている「ベース」の部分

 

を大事にすると運が開ける年なのですが、「自分のルーツ」ということで言えば、

 

お住まいの「」や「地域」、「出身地」、「母校」、「伝統文化」、「家族」を大切にすること

 

が幸運を呼ぶためのポイントになります。

お住まいの「国」や「地域」のために出来ることとして、「ボランティア」の他ですと、

 

 

といった「募金」や「寄付」があるわけですが、このとき、「ご自身が寄付をしたいと思っている地域」でも勿論OKなのですが、「特にない」という場合は、

 

  • ご自身の「生まれ育った地域
  • 両親の実家」のある地域(優先順位は「父方>母方」)

 

を寄付先として選ぶことをオススメします。

 

 

「ふるさと納税」の概要、及び、税金控除の仕組みについては、総務庁の「ふるさと納税ポータルサイト」でご確認いただくか、以下の動画をご覧いただけましたら幸いです。

 

 

「ふるさと納税」が出来るサイトについては、

 

 

の他にも、

 

 

といったサイトがありますが、ご自身が見やすい&使いやすいサイトをお選びいただければと思います。

 

 

また、2019年は、「商品」ということであれば、

 

「輸入品」よりは「国産

 

が、「旅行」ということであれば、

 

「海外旅行」よりは「国内旅行

 

が圧倒的にラッキーです。

国内旅行でホテルや旅館を選ぶポイントとしては、

 

  • その土地の美味しいものを堪能出来る宿であること
  • 風光明媚な場所に建っていたり、近くに有名な観光地があること(「四季折々の美しい風景」が堪能出来ると◎)
  • なるべく「温泉」のある宿であること

 

の「3つ」です。

 

途中、どこかで食事をしたり、ショッピングをするにあたっては、「その地域の有名店」の他にも、

 

  • 道の駅
  • パーキングエリア・サービスエリア

 

など、「その土地のもの」を満喫出来る場所がオススメです。

 

なお、「方位」や「時期」については、当事務所サイトの『2019年の九星気学吉方位』でご確認いただければと思います。

 

 

今年は、ちょうど「元号」が変わる年でもあり、ゴールデンウイークは「10連休」というご予定の方もいらっしゃるのではないかと思います。

日本のあちこちの「観光名所」や「美味しいもの」を堪能しつつ、「観光」や「ふるさと納税」を通じて、地域への経済的な貢献をお考えいただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.01.24 Thursday
  • 17:00

今年の運気アップアドバイス

2019年の「全体的な動向」について

photo_0070

 

あけましておめでとうございます。

2019年が、皆様にとって、幸運な1年であります様、心より願っております。

 

さて、昨年、2018年12月22日()の「冬至」の日に、易(周易)で占断した、2019年の運勢の結果の一部を掲載させていただきます。

(昨年までは、事務所サイトの「今月の開運アドバイス」に掲載させていただいておりましたが、今年からブログの方に掲載させていただきます)

 

以下、多くの方に共通する項目であろう、

 

。横娃隠糠の「全体的な動向」について

■横娃隠糠の「日本経済」について

2019年の「日本の社会情勢」について

 

の「3つ」の項目について、掲載させていただきます。

 

2019年の開運アドバイス』と共に、2019年の「目標」や「指針」を立てる上でのご参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

。横娃隠糠の「全体的な動向」について→山天大畜の初爻(初九)

 

2019年の「全体的な動向」について占ったところ、「山天大畜」の「初爻(初九)」を得ました。

「山天大畜」とは、その文字通り「大きく蓄える」という意味があり、その他、「物事が動かない状態」や「養う」といった意味もあります。

 

変爻が「初爻(初九)」で出た場合、「実力」がないわけではないのですが、まだ「機が熟していない」ので、もう少し実力を蓄えつつ、時期を待つことを意味するのですが、もっと噛み砕いて分かりやすくお伝えさせていただくならば、

 

ハード」はあるんだけれども、肝心の「ソフト」が充実していないので、せっかくの「ハード」が活かし切れずに、物事が回っていない状態

 

を意味します。

(例:外食の店舗を増やしても、そこで働く従業員が少ないために、仕事が回っていない&従業員が疲弊している状態)

 

そのため、2019年は、今以上に「ハード」を増やしたところで、よりゴタゴタしてしまうので、

 

いかに「ソフト(中身)」を充実させるか

 

が鍵になるでしょう。

 

例えば「企業」ということであれば、昨年は「人手不足」が叫ばれた年でしたが、「とりあえず人を雇うこと」を最優先課題にするのではなくて、今年は今いる従業員を「社員教育」し、今後、その企業を発展・継続させるための人材を育て、「企業全体の底上げ・レベルアップ」を行うことが問われる1年になりそうです。

「子育て」ということであれば、あれこれ「習い事」をさせるよりも、普段の家庭生活の中で「礼儀」や「人を思いやる心」を育てて行くといった「家庭での教育」が問われる年になるのではないかと思います。

 

これは、以前よりお伝えさせていただいている『2019年の開運アドバイス』のところの「開運テーマ」とも一致するところなので、「星回り」だけでなく、「易(周易)」の結果から見ても、

 

2019年はあれこれ「手広く」あれこれやるのではなく、まずは「質を上げる」努力をする

 

ことが求められる1年になりそうです。

 

 

また、この卦が出たときは、これまでになかった「新しい技術」や「画期的な商品」などが出ては来るのですが、

 

社会的な認知度」や、そうしたものを導入する上での「体制」が整っていない

 

ため、結局、今までと同じような「既定路線」に落ち着く人や企業が多い年になるのではないかと思います。

(最近、いろいろなところで言われている「在宅ワーク(テレワーク)」を思い浮かべると分かりやすいかと思います)

 

ただ、ここで注意していただきたいのは、

 

今後、変化の激しい世の中にあって、「現状維持=衰退」を意味

 

しますから、多くの人や企業が「既定路線」という名の「現状維持」を選びがちだということは、根本的な解決」には繋がりにくいことを意味し、

 

問題の先送り」や、最悪、「事態の深刻化」を招いてしまい、物事を「停滞」させる

 

ことにも繋がりかねませんので、

 

現状維持」に甘んじず、「好奇心」や「チャレンジ精神」を忘れず、大きくは変えることが出来なくても、まずは小さいところで「新しいもの」を導入し、少しずつ「意識」や「やり方」を変えて行く

 

ことが出来るかどうかが、今後、大きく発展出来るかどうかの分かれ目になるのではないかと思います。

 

 

■横娃隠糠の「日本経済」について→地風升の上爻(上六)

 

2019年の「日本経済」について占ってみたところ、「地風升」の「上爻(上六)」を得ました。

「地風升」とは、植物が芽を出して少しずつ伸びて行く様子を意味している卦であり、「時間をかけて少しずつ上昇する」という意味があります。

変爻が「上爻(上六)」で出た場合、物事が行きつくところまで行ってしまい、あとはもう「転落する」だけという状態を意味しています。

 

残念ながら、ここ近年続いていた「景気の拡大」は、ここへ来て「収束」を見せる可能性が高そうです。

今年、2019年10月1日(火)より施行される「消費税増税」の景気への影響も懸念されるところですが、それ以上に気になるのが、この卦が持つ意味として、

 

思わぬ「災害」により、経済的損失を被りやすい

 

という意味があるというところです。

2019年の開運アドバイス』でもお伝えさせていただいているのですが、昨年、2018年も「自然災害」が多い年でしたが、

 

2019年もまた、昨年同様、「自然災害」が多い年

 

である可能性が高いため、「経済的損失」が出る程の自然災害となると、その「被害」は深刻なものであることが容易に想像がつきますから、

 

  • 各種「自然災害」に対する備え
  • 「災害」があったときのバックアップ体制

 

も含めて検討をしておきたいところです。

 

 

また、毎年、「八白土星」の年というのは、

 

失業」や「大型倒産」にも注意を要する年

 

なのですが(前回の「八白土星」の年(2010年)のケースはこちらでご確認下さい)、

 

景気の悪化」のみならず、「時代の変化」による企業、及び、職業そのものの「自然淘汰」による「失業」や「倒産」が増える

 

ことも予想されるので、現在、「事務職」や「経理」、「レジ係」、「電話オペレーター」、「銀行員」など、

 

10年後なくなる仕事」と言われている職業に就いている人は、将来を見据えた上での「ジョブチェンジ」を真剣に検討された上で、今後のキャリアプランを考える

 

ことをオススメしておきます(こちらも参照)。

 

 

一方、「世界経済」については、「離為火の上爻(上九)」が出ているので、多少の混乱等はあるものの、好調な運気のようなので、

 

既に海外展開されている企業にとっては、「国内」よりも「海外」での事業に重きを置く

 

方が良いでしょう。

そのときのポイントとしては、

 

選択」と「集中」をし、「何の事業(商品)を中心に展開するのか」をハッキリさせること

 

が大きなポイントになるでしょう。

逆に、「あれもこれも…」と手を広げ過ぎるのは失敗の原因になりやすいのでご注意下さい。

 

ただし、これから新規で海外展開をする場合は、「全体的な動向」のところで「山天大畜の初爻(初九)」が出ていることもあり、この場合は慎重に対処された方が良いでしょう。

 

 

2019年の「日本の社会情勢」について→雷天大壮の五爻(六五)

 

2019年の「日本の社会情勢」について占ったところ、「雷天大壮」の「五爻(六五)」を得ました。

「雷天大壮」とは、「血気が盛んな様子」を意味しており、「勢いがあり過ぎて暴走気味」な状態を意味しています。

 

変爻が「五爻(六五)」で出た場合、そうした「勢い」にブレーキがかかる状態を意味するので、「革新的」であったり「奇抜」なものを好む人が減り、

 

全体的に見て「保身的」な考えの人が増える

 

年になりそうです。

 

「仕事」においても「生活」においても、上を目指してヒイヒイ言いながら努力することよりも、「今の幸せを大事にしたい」という気持ちから、「現状維持」を選ぶ人が多そうなのですが、ここで問題なのは、

 

「現状維持」にも、それなりの「努力」は必要であるということに気付かず、何の努力もせずに、とりあえず同じことを繰り返してさえいれば、「現状維持」が出来ると思い込んでいる人が増える傾向がある

 

ということです。

そういうこともあり、

 

努力する人」と「努力しない人」との差がますます拡大し、「格差の固定化」により拍車がかかるのではないか

 

と思いますし、それが、

 

  • 「諦め」という名の「無気力」に繋がって行く
  • 「妬み」「嫉み」「僻み」から、自分より能力がある人の足を引っ張る
  • 「自己保身」の気持ちから、人に尻拭いをさせる

 

といったことに発展しがちな1年になるのではないかと懸念してします。

私がこの卦を得たとき、一番懸念したことは、

 

若くて優秀な人達」を応援したり、伸ばそうとするのではなく、そういう人達を「利用」して、自分達だけ利益を得ようとしたり、自己保身に走る人達が、結果的に「若くて優秀な人達」を使い潰すのではないか

 

ということです。

それだけはあってはならないことなので、

 

30代以降の人達が、いかに、これからの社会を担う子供達や若い世代の人達にとっての「」になれるか

 

が鍵になるのではないかと思います。

また、元日の霊視の結果についても、

 

富士山を昇ろうと列をなす若い人達

 

が視えたので、これからの日本を担う「若くて志があって優秀な人達」をどう育てて行くかが鍵になるのではないかと思います。

 

 

全体的に見て、どことなく暗いと言うか、パッとしない年になりそうではあるのですが、

 

だからこそ、その人の「人となり」や「普段の努力」が問われる

 

のではないかと思います。

1日1日を大切に、2019年をお過ごしいただければと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 03:30

今年の運気アップアドバイス

「土用」で調子を崩さないために

photo_0063

 

こんにちは。鏡月です。

 

「春」は、1年の中で「過ごしやすい季節」であるのと同時に、1日の「寒暖差」が大きいことや、「新年度」ということもあり、

 

知らず知らずのうちに、心身の「疲れ」が蓄積しやすい時期

 

でもあります。

特に、今年、2018年(戊戌×九紫)は、その傾向が強く出やすい年であるため、既に土用前の「現時点」において、

 

「最近、妙に疲れやすい」

「イマイチやる気が起きない」

 

ということを感じていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

 

五黄土星」の影響を受ける「土用」の時期に入ると、その傾向は更に加速しやすい

 

ので(「土用」については、こちらもご参照下さい)、

 

「土用」の期間中は特に、日常生活の中でこまめな「浄化」を心掛け、厄を祓う

 

必要があるのですが、特に今年の「戊戌×九紫火星」の年はその傾向が強まります。

 

「浄化」と言うと、「掃除」や「換気」、「日本酒+粗塩風呂」といったイメージが強いかも知れませんが、毎日の慌ただしい生活の中で、そうも頻繁にやっていられないことの方が多いのではないかと思います。


そこで今回は、こうした選択肢以外に出来る、「手軽な浄化のやり方」について、お伝えさせていただきます。

 

 

なお、今年(2018年)の各土用についてですが、

 

  • 春土用→4月17日(火)〜5月4日(金・祝)まで
  • 夏土用→7月20日(金)〜8月6日(月)まで
  • 秋土用→10月20日(土)〜11月6日(火)まで
  • 冬土用→翌1月17日(木)〜2月3日(日)まで

 

となります。

 

なお、風水をはじめ、東洋占星術では、「節分」までが前の年&「立春」以降が翌年の扱いになるため、カレンダー上は「2019年」の扱いになっていますが、「2018年」と看做しますのでご注意下さい。

 

 

 お香」による浄化

 

「お香」による浄化については、以前、こちらのブログでもお伝えさせていただきましたが(こちらも参照)、

 

  • サンダルウッド(白檀)
  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • ホワイトセージ
  • ティートゥリー
  • ユーカリ
  • サイプレス
  • フランキンセンス
  • ミルラ
  • シダーウッド
  • クラリセージ
  • フェンネル
  • ジュニパー
  • パチュリ


といった香りのものを焚くと、空間の浄化に繋がります。

小さいお子様がいらっしゃるなど、「煙」が出せない環境下の場合は、上記のアロマオイルを使った、

 

アロマスプレー

 

を利用するのもオススメです。


以下、「アロマスプレー」の作り方の動画を貼っておきますので(動画は「虫よけアロマスプレー」になっておりますが、アロマオイルを上記のものに変えて作っていただければOKです)、ご参考になさってみて下さい。

 

 

お部屋の中において、「お香」を焚く位置、及び、「アロマスプレー」を吹きかける位置については、

 

  • お香→原則として「部屋の中心」で焚く
  • アロマスプレー→「部屋の四隅+中央」でスプレーをシュッと吹きかける

 

ような感じで使っていただければOKです。
なお、お香をお部屋の「中心」で焚けない場合は、お部屋の中で安全に火を使える場所で焚いていただければそれで構いません。

 

 

音叉」による浄化

 

「音叉」による浄化については、

 

原則として「4096Hz(天使界の扉を開く音)」のものを使う

 

のが基本なのですが、

 

精神的&肉体的な疲労感が強い場合は、「528Hz(ソルフェジオ周波数)」のものを併せて使う

 

のもオススメです。

 

実際に音叉を鳴らして、空間を浄化することがベストなのですが、手っ取り早く浄化したい場合は、以下の動画(4096Hz+528Hzの音叉を組み合わせた音)を流しっ放しにしておくのもオススメです(動画の長さは「2時間56分」あります)。

 

 

「音叉」による空間浄化のやり方については、

 

原則として「部屋の四隅+中央」で音叉を叩く

 

のが基本です。

 

「何となく暗く感じる」とか、気になる場所で叩く

 

ようにしていただいてもOKです。

動画の場合は、普通に音を流しっ放しにしていただければOKです。

 

また、「叩く」ときに、音叉の棒で叩いていただいてもOKなのですが、

 

浄化済みの「水晶」で叩く

 

と、音叉による「浄化」効果が更にUPするのでオススメです。

(より強い浄化を求める場合は、「アメジスト」がオススメです)

 

 

 

シンギングボウル」や「ティンシャ」による浄化

 

こちらも「音叉」同様、

 

原則として「部屋の四隅+中央」で音を鳴らして使う

 

のが基本なのですが、「何となく気になる場所」で音を鳴らしていただいてもOKです。

 

なお、「シンギングボウル」と「ティンシャ」にも共通することなのですが、「シンギングボウル」と「ティンシャ」を選ぶ際は、参考商品のような、

 

7種類」の金属で出来たものがベスト

 

です。

チベット密教では、

 

  • 金→太陽
  • 銀→月
  • 水銀→水星
  • 鉄→金星
  • 銅→火星
  • スズ→木星
  • 鉛→土星

 

という意味があり、この「7種類」の金属が使われた「シンギングボウル」や「ティンシャ」を使うことで、より高い浄化効果が得られます。

ここは多少、お値段が張っても、なるべく「7種類」の金属が使われたものをオススメします。

 

「シンギングボウル」については、仏壇にある「鈴(りん)」のような形をしています。

 

 

「シンギングボウル」の鳴らし方は、仏壇の「鈴(りん)」とは異なり、「淵を滑らせるような感じ」で音を共鳴させて使います。

以下、「シンギングボウル」の鳴らし方についての動画を貼っておきますので、ご参考になさってみて下さい。

 

 

一方、「ティンシャ」については、以下のような「小さなシンバル」のような形をしています。

 

 

「ティンシャ」の鳴らし方については、いろいろあるのですが、以下の動画のように、「紐の両端」を持って打ち鳴らすやり方が、一番安定して鳴らしやすいやり方だと思います。

 

 

最近は、パソコンやスマホで目を酷使したり、脳が疲れている人が増えているわけですが、「運気」という観点から見た場合、

 

「目」や「脳」=「」の気のパーツ

 

であり、これらのパーツを酷使しているということは、

 

」の気が過剰になり(火毒)、運気のバランスが崩れてしまいやすい

 

ことに繋がるため、パソコンやスマホを使用する頻度が多い方や、お仕事柄、目を酷使することが多い方や、頭脳労働をされていらっしゃる方は、

 

出来れば1日1回は、「シンギングボウル」の音で頭をリラックスさせる


ことをオススメします。

その上で、「ティンシャ」による空間浄化をやっていただくことをオススメします。

 

 

銀イオン」配合のウェットティッシュで拭く

 

スーパーやコンビニ、ドラッグストアで、「銀イオン」が配合された商品を見掛けますが、「運気」の観点から見た場合、

 

銀=魔除け

 

なので、一般的なウェットティッシュで拭くよりは、「銀イオン」が配合されたウェットティッシュで拭いた方が、より浄化されやすいのでオススメです。

 

 

空間の中でも、邪気が溜まりやすい代表的な場所の一例として、

 

  • 部屋の四隅
  • ゴミ箱の内側
  • 下駄箱の中(「靴の底」も溜まりやすい場所です)
  • パソコンのキーボード・マウス
  • スマホやタブレットの表面

 

といったものがあるのですが、こうした場所を定期的に拭いて浄化することをオススメします。

 

中でも、「パソコンのキーボード・マウス」と「スマホやタブレットの表面」については、普段からきれいにおかないと悪縁が寄って来やすくなるものでもあるので、可能であれば毎日、最低でも2〜3日に1回は、サッとでいいので、表面を拭いていただければと思います。

 

 

ィ影2回、朝晩に「白湯」を飲んで体内を浄化

 

「白湯」と言うと、「健康」や「ダイエット」というイメージが強いかも知れませんが、「浄化」という面でも有効です。

1日2回、

 

起床後」と「就寝前

 

に「白湯」を飲んで、体の中からデトックス&厄落としをするのもオススメです。

 

五黄土星」の影響を受ける「土用」の期間中や、「五黄土星」の年や月は、体の中に蓄積した厄を外に出す

 

ことが運気をアップさせるためのポイントになります。

 

「白湯」の作り方と言うと、「お湯を沸かして冷ますだけ」というイメージが強いかも知れませんが、

 

やかんに水を入れ、「10〜15分」沸騰させ続ける

一旦、冷ましてから飲む

 

ようにすることがポイントです。

 

 

 

全部で「5つ」のポイントをご紹介させていただきましたが、勿論、全部をやる必要はございません。

ご自身の日常生活の中で、取り入れやすいもので結構ですので、どれか1つでもいいので実践していただいて、心も体も「疲れ」が溜まりやすい&厄が溜まりやすい「土用」の時期を、うまく乗り切っていただけたらと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます葉
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2018.04.14 Saturday
  • 22:22

今年の運気アップアドバイス

2017年は「楽しみながら努力」出来た人に幸運が舞い込む年!

 photo_0035

 

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

先日、事務所サイトに『1月(1月5日(木)〜2月3日(金)まで)の開運テーマ』をUPさせていただいたわけですが(『2017年の開運アドバイス』の方にも是非チェックしておいて下さいね)、皆様が一番気になっているところは、

 

ィ横娃隠掲の日本の社会情勢について→沢雷随の四爻(九四)

 

のところだと思いますので、その結果を更に深掘りさせていただきながら、2017年をハッピーに過ごすポイントについてお話して行きたいと思います。

 

まず最初に、以下、私が事務所サイトに書いたもののコピペを載せておきます(バックナンバーは「当月を含めて過去3カ月分」なので一応こちらにもコピペしておきます)。

 

 

(以下コピペ)

2017年の日本の社会情勢について占ったところ、「沢雷随」の「四爻(九四)」を得ました。

「沢雷随」という卦は、「従う」ことを意味する卦なのですが、変爻が「四爻(九四)」で出た場合、

 

安易な気持ちから、不正に手を染めたり、モラルに反した行為が横行する1年

 

になるでしょう。

2017年は一言で言うと、

 

「他力本願」な人が増える

 

ので、「楽して稼ごう!」とか「欲望を否定せず、ありのままの自分でOK!」とか、そういった人の心に棲む「下心」をうまく利用した各種不正やモラルに反した行動が増えるのではないかと思います。

 

そういう「他力本願」で「今すぐ何とかしたい!」ような人が増えるので、

 

「手っ取り早く〜出来る」ような商品やサービスが流行

 

する可能性は大いにある年なのではないかと思います。

また、それと同時に、

 

以前から面倒臭いと思われがちだった物事に対して「あったらいいな」的な商品がヒットする可能性がある

 

ので、「手っ取り早く」「楽して」何かが出来るような商品やサービスは、2017年は大いに受けるでしょう。

 

人々が短絡的、かつ、享楽的になりやすい傾向を受けて、

 

「熱愛」や「電撃結婚」など、おめでたい話題が増える

 

のも2017年の特徴です。

どちらかと言うと、「長年付き合ってきた」というよりは、知り合ってそんなに経っているわけではないんだけれども、「趣味が一緒」「感覚が合う」「一緒に居て楽しい」という理由から、一気に交際or結婚というパターンが増えるのではないかと思います。

しかも、2017年の面白いところは、

 

「ええっ?この人がこの人と??」という、周囲がビックリする組み合わせのカップルが誕生する可能性がある

 

ということです。

ただ、ここで1点、注意していただきたいのは、

 

2017年は人々が「熱しやすく冷めやすい」ので、一時的には盛り上がるけれども、長くは続きにくい

 

ということです。

ですから、「熱愛」や「結婚」の話題も多いけれども、「離婚」の話題も多い1年になるでしょう。

また、昨年同様、「不倫」が多い1年であることが予想されますが、昨年の「不倫」との大きな違いは、

 

「だって仕方なかったんだもん!」と開き直るタイプの不倫が増える

 

ということです。

そういう意味では、昨年より明らかに質が悪いでしょう。

 

その他の注意点としては、

 

薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症などの問題

 

も2017年は増える傾向にありそうなので、ご注意いただけたらと思います。

(以上)

 

 

とりあえず、ここまで自分の書いたもののコピペを貼らせていただきましたが、ここから「補足」に入ります。

2017年、幸運のチャンスを掴みたいなら、

 

明るくポジティブに、人を励ます&一緒に楽しめる人になること

 

が重要なポイントです。

仕事や勉強、資格の取得など、今後の自分のステップアップのために頑張らなければならないシーンもあるかと思いますが、

 

2017年は「どんな逆境でも楽しんでやる!」くらいのタフさで、「楽しみながら努力」が出来た人に幸運の女神が微笑む年キラキラ

 

なので、

 

「どうして私ばっかり○○なの!」

「こんなに頑張ってるのに、いつになったら報われるんだろう…」

「どうして自分には○○がないんだろう…」

 

といった、物事がうまく行かないことに対する憤りや諦め、世の中や自分自身の運や実力のなさに対する恨みつらみを持つくらいなら、

 

「楽しみながら出来る」ようにやり方を変えるか、いっそのこと、スパッと辞めてしまった方が吉

 

です。

 

「とてもとても、楽しみながら出来る仕事じゃない」

「養わなければならない家族がいるのに、ここで仕事を辞めるわけにはいかない」

 

と言うのであれば、

 

  • プライベートを充実させる
  • 将来の夢へ向けて、コツコツ準備を始める(例:定年後田舎暮らしがしたいなど)
  • 自分と特技を活かした副業やボランティアを始める

 

など、

 

自分の心がワクワクする時間」を作る

 

ようにして、とにかく意地でも前を向いて、ポジティブになるくらいの方が、2017年は幸運のチャンスを掴める年です。

 

 

あと、2017年に予想されるのが、

 

人や情報に「流される」人が増える

 

ということ。

ただ、ここでの「流される」ということについてですが、

 

情報がいろいろあり過ぎて、一体、自分は何を選んだら良いのか分からないから、「とりあえず手っ取り早く分かるもの」で選んでしまう

 

ということで、今年、多くなりがちなのが、

 

「とりあえず分かりやすいサイト」や「分かりやすい本」を基準に物事を判断してしまいやすい人が増える

 

ということ(そして、肝心の情報の中身は玉石混交だったりするわけですが…)。

 

人々が「面倒臭がり」や「目先の楽しみ」が優先になってしまい、小難しいことにはやや思考停止状態になってしまう

 

というのが、良くも悪くも、今年のトレンドだったりビジネスを左右する要素になりやすいので、「○○代行業」みたいなものや、「お手軽に〜出来る」みたいなアイデア商品などは受ける可能性が大いにあるでしょう。

 

 

また、「流される」ということで言えば、

 

「周囲が〜だから、自分も〜でいいんじゃないか」的な思考をする人が増える

 

分かりやすく言うなら、

 

周囲の環境に染まってしまいやすい

 

ということでもあるので、

 

今のご自分の周辺の環境がそのままストレートに運に反映されてしまう

 

という年でもあります(だからこちらの記事などでも散々口酸っぱく言ってきたんですけどね)。

 

2016年までは「個人戦」だったのに対し、2017年から先は「団体戦

 

なので、

 

「個人の努力や実績+α(人脈など)」がこれからどんどん問われて行く

 

ので、だからこそ、『2017年の開運アドバイス』でお話をさせていただいた、

 

2017年はこれまで自分が築き上げてきたことをベースに、愛する人や信頼出来る仲間と共に分かち合い、「一緒になって大きく育てる」年

 

にする必要があるのであり、

 

お互いに「この人のために頑張りたい」と思えるような人と、一緒になって物事を創り上げて行くことが重要

 

になるのはそのためなんだと、2017年の星回りだけでなく、冬至の占断からも、私自身、改めて実感した次第です。

「ああ、こういうことだったのね」と。

 

 

2017年は、いろいろと波乱の多い年になるかも知れませんが、

 

波乱の多い年だからこそ、ジェットコースター気分で、どんな逆境も楽しみ切ってやりましょう!

 

…ということで、本年も宜しくお願い致します。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます正月
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 22:30

今年の運気アップアドバイス

2017年にステップアップするために意識したいビジネスマインドとは?

photo_0033

 

こんにちは。鏡月です。

 

11月も半ばを過ぎ、「そろそろ来年へ向けて具体的な計画を…」と、お考えになっていらっしゃる方も多いのではないかと思います。

2017年の過ごし方のポイントについては、『2017年の開運アドバイス』でもお伝えさせていただいておりますが、「ビジネス」ということに論点を絞って、結論からズバッとお話をさせていただくと、

 

「常識」や「こうあるべき論」にとらわれず、時代の流れや自分の感覚を踏まえて、どんな状況も「楽しむ」ことを忘れず、臨機応変に対応する者が勝つ

 

というのが、来年、ビジネス面において飛躍する上で、最も重要なポイントになります。

 

 

よく、「日本は先進国で最も生産性が低い国」と言われていますが、それもそのはずです。

強い言葉で言わせていただくと、

 

「こうあるべき」という尤もらしい理由をつけて、人に犠牲を強いる働き方やビジネスモデルが当たり前のように横行している

 

具体的な一例を挙げさせていただくと、「愛社精神」という名のもとに従業員のプライベートを犠牲にしたり、「下請けイジメ」だったり、「ブラック企業」であったり、「モンスター〇〇」と呼ばれる人達に対する対応に苦慮したり…等々、本来やらなくていいことまでやらされて、それが人や企業を疲弊させ、生産性を低くしている原因の一つになっているのではないかと、私はそう思っています。

それが巡り巡って、日本の国力まで先細りになってしまっていることに気付いている人がどれだけいるでしょうか?

 

一時的に得をする人がいても、長い目で見て誰も得をしていない

 

悲しいかな、それが今の日本を取り囲む「現状」なのではないかと思います。

 

 

かつて、Hondaの創業者の本田宗一郎氏はこんな言葉を遺しています。

 

私はいつも、会社のためにばかり働くな、ということを言っている。

君たちも、おそらく 会社のために働いてやろう、などといった、殊勝な心がけで入社したのではないだろう。

自分はこうなりたいという希望に燃えて入ってきたんだろうと思う。

自分のために働くことが絶対条件だ。

一生懸命に働くことが、同時に会社にプラスとなり、会社を良くする。

 

会社だけよくなって、自分が犠牲になるなんて、そんな昔の軍隊のようなことを私は要求していない。

自分のために働くということ、これは自分に忠実である

利己主義だと思うかもしれないけど、そうではない。

人間は人にもよく言われなければ自分が楽しくないという相対的な原理を持っている。

だから他人に、あの人はいい人だ、と言われるのもエンジョイなんだよ。

我われはただ単に、自分だけよければいいと言うのではない。

自分をよくするためには人までよくしてやらなければ、自分というものがよくならないのだ、という原則があることを考えて自分をよくしなさいということを申し上げる。

 

 

既に「個人の時代」と言われて久しいのに、まだまだ世の中は「自己犠牲」を美徳としているわけですが、2017年から2022年まで、社会全体がかなり波乱万丈なことが予想される以上、

 

そろそろ「自分の幸せのために働く」という意識に切り替えないと、今後の波乱万丈な社会の流れについて行けなくなる&自分の大切なものを守り通せなくなる可能性が高い

 

ので、

 

時流を意識して「臨機応変」に、かつ、「自分の幸せのために楽しんで働く」こと

 

が、2017年に「時流」を捉え、今後、更にステップアップをして行くためのポイントになるのではないかと思います。

 

 

ただ、ここで1点、気を付けていただきたいのは、

 

いくら「自分の幸せのために働く」ことが重要だと雖も、「自分さえ良ければそれで良い」といということではない

 

ということ。

2017年の開運アドバイス』にも書かせていただきましたが、

 

2017年はこれまで自分が築き上げてきたことをベースに、愛する人や信頼出来る仲間と共に分かち合い、「一緒になって大きく育てる」年

 

ですから、

 

お互いがお互いの幸せのために、協力し合うこと

 

が非常に重要です。

社内の人間関係が「協力し合える人間関係」の会社であれば、来年は飛躍の可能性があります。

逆に「足の引っ張り合い」や「個人の幸せが犠牲になって成り立っているような会社」は、来年は伸び悩みやすいでしょう。

 

2017年は「独りよがり」になると、誤った選択肢を取ってしまいやすくなり、結果として物事が悪い方向に行きやすい

 

ので、そういう意味でも「協力し合える人」の存在は非常に重要です。

 

 

今後、世の中の変化は今まで以上にアップダウンが激しいことが予想されます。

単純に「生き残る」というだけでなく、来年、幸運のチャンスを掴むという意味でも、以上の考え方を頭の片隅に入れておいていだけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます書類
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2016.11.18 Friday
  • 01:30