Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

とある占い師の独り言

2020年は「固定費」の削減による各種「縮小」が起こりやすい年

photo_0093

 

こんにちは。鏡月です。

 

先日、12月22日()の「冬至」の日に易(周易)で来年1年間の運勢を占ったのですが(そのときの鑑定結果は、元日の霊視の結果も踏まえて年明けにお伝えさせていただきます)、来年(庚子×七赤)の星回り然り、今回の易占の結果然り、共通して言えることは、

 

「企業」においても「家計」においても、「固定費」を削らなければならない傾向が強くなりやすい

 

ということです。

「東京オリンピック」開催後の景気の冷え込みが懸念されがちですが、それ以前に、

 

各種「固定費の削減」による消費の落ち込みの方が問題になりやすいのではないか

 

と、鑑定結果を踏まえて、個人的に懸念しているところです。

 

そこに「株安」が来れば一発アウト

 

であることは言うまでもないのですが、それこそ2008年(戊子×一白)の「リーマン・ショック」以上の不況が来てもおかしくない星回りになっている状態です。

 

 

と言うのも、後日、改めて記事にさせていただきますが、「2020年の日本経済」を占ったとき、

 

斜陽」や「没落」を意味する卦が出ている

 

ので、

 

単純に「経済」だけでなく、「国力」までダウンするような状況になる

 

ことが予想されたので、「これは先にお伝えさせていただいた方がいいかな?」と思い、急遽、ブログで記事にさせていただこうと思い立った次第です。

 

 

さて、「固定費の削減」については、実際のところ、占うまでもなくその流れはもう来ていて、来年、2020年の4月から、

 

同一労働同一賃金」の制度がスタートする

 

わけですが(こちらも参照)、この制度、「契約社員」や「派遣社員」、「パート」や「アルバイト」といった「非正規雇用」で働く人にとっては有利な制度ではありますが、

 

「正社員」で働く人にとっては、ややもすると不利になりやすい制度

 

であり(例:各種手当の削減など)、もっと言うならば、「正社員」の待遇が「派遣」や「アルバイト」で働く人の待遇に寄って行くということであるため、

 

企業にとっては「人件費」の削減に繋がる

 

ということであり、同時にそれは、

 

働く人の側からすれば「給料」の減少に繋がる

 

ということでもあります。

 

 

「給料」が減少すると、多くの家庭においては、

 

「食費」や洋服などの「日用品費」の「変動費」を削ろうとする

 

わけですが、ここで来年の星回り上、注意していただきたいのが、

 

必要以上に「変動費」を削り過ぎると運気に影響してしまうので、「必要な経費」まではケチらずきちんとお金を使うこと

 

ということと、

 

毎月かかる「固定費」を見直すこと

 

の「2点」にあるということです。

 

例えば、「家計」における「固定費」と言うと、

 

  • 携帯電話代
  • ネット代
  • 家賃(住宅ローン)
  • ホームセキュリティ代

 

といったものを指すわけですが、

 

  • 携帯電話のプランを安いものに切り替える
  • ライフスタイルに合った回線プランにする
  • (賃貸の場合)ワンランク安い家賃のところに引っ越す
  • (持ち家の場合)住宅ローンの「借り換え」や「リバースモーゲージ」を利用する
  • ライフスタイルに合ったホームセキュリティーのプランに切り替える

 

といった感じで、「固定費」を少しでも削減するようにしていただければと思います。

 

 

なお、「食費」や「日用品費」と言った「変動費」に関しては、

 

毎月定額制の「サブスクリプション」を活用した方がお得になる場合もある

 

ので、そうしたものも含めて比較検討をして、

 

家計の負担を少しでも減らし、少しでも「手持ちの現金(キャッシュ・フロー)」を増やす

 

ように取り組んでいただければと思います。

 

 

こうした「家計の構造改革」は、運気の観点から見ると、

 

運気の観点からすると、出来ることなら、オリンピック直前の「6月」までに終わらせて欲しい

 

のですが、

 

オリンピックが終わって、その後の景気の冷え込みが来てからでは遅い

 

ので、なるべく早めに完了させていただければと思います。

 

 

そうした「固定費の削減」と並行しつつ、やっていただきたいのが、

 

稼ぐ」こと

 

なわけですが、以前、事務所サイトの『2020年の開運アドバイス』の中でも、

 

これからは「副業」よりも「複業」の時代になる

 

とお伝えさせていただいたわけですが、その鍵になるのが、

 

多角化(水平型)」と「多国籍化」戦略

 

そのため、「個人」においても「企業」においても、

 

「国内」だけでなく、「グローバル水準」でも通用する仕事が出来ているかどうか

 

が問われる上に、「AI」や「ロボット」の進化による仕事の代替など、

 

今までの基準での働き方、キャリアプランでは通用しなくなる

 

ので、まして、今後、「年金」の支給開始年齢がどんどん後ろ倒しになり、その結果、男も女も「長く働き続けなければならない」時代になるから、そのあたりのことも考慮に入れた上で、今後の「キャリアプラン」や「マネープラン」を考え、行動に移していただけたらと思います。

 

 

オリンピック終了後の景気の冷え込みは、思った以上にシャレにならないことになりそうなので、今からしっかり備えていただければと思います。

以上、来年へ向けてのご参考にしていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.12.24 Tuesday
  • 08:00

天中殺について

2020年からの「子丑天中殺」に備えて、今のうちにやっておきたいこと

photo_0092

 

こんにちは。鏡月です。

 

来年、2020年・2021年の「2年間」、「子丑天中殺」の方は「天中殺」の年を迎えます。

 

「天中殺」は、「生まれた日の干支」によってどの天中殺なのかが決まり(「生まれた年」のことではないので注意)、「子丑天中殺」の方の場合は、「生まれた日の干支」が、

 

甲寅、乙卯、丙辰、丁巳、戊午、己未、庚申、辛酉、壬戌、癸亥

 

のいずれかに該当している方になります。

 

 

「子丑天中殺」の方にとって、「天中殺」となる年・月・日・時間帯、逆に、「幸運期」となる年・月・日・時間帯は以下の通りです。

 

★天中殺

  • 年→「」の年・「」の年
  • 月→毎年「12月」・「1月
  • 日→「」の日・「」の日
  • 時間帯→毎日「23時〜翌1時」まで

 

☆幸運期

  • 年→「」の年・「」の年
  • 月→毎年「9月」・「10月
  • 日→「」の日・「」の日
  • 時間帯→毎日「17〜21時」まで

 

各天中殺(子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥)ごとに特徴があるわけですが、「子丑天中殺」の方の場合は、

 

  • 初代運
  • 「目上の人」からの恩恵を受けにくい
  • 早い段階で「親から独立」することで開運
  • 既存の枠を超えて、独立独歩で新たな道を切り拓くタイプ
  • 「人を育てる」ことで更に発展
  • 「中年期」より徐々に開運

 

といった特徴があり、

 

親切で、人の面倒をよくみる世話好きな人

 

が多いのですが、そんな「子丑天中殺」の方が天中殺に入ると、個人差はありますが、

 

  • 冷静さや忍耐力を欠き、「感情のコントロール」が利きにくくなるため、判断ミスや喧嘩をしやすくなる
  • 「批判精神」が増し、周囲に対する文句や愚痴が増える
  • 「過去の経験」へのこだわりや「偏見」が強くなり、物事を決めつけてかかりやすくなる
  • 「YESマン」ばかり周囲に集め、「NO」を言う人を排除したくなる

 

といったことが起こりやすくなり、

 

周囲の人達を遠ざけて、意固地になっては、自分で自分の首を絞めることになりやすい

 

といった傾向が出やすくなります。

 

 

これはどの天中殺にも共通することなのですが、

 

天中殺期間中は、「判断力」や「直感」が狂いやすい傾向

 

にあるのですが、元々、「自分の意志で人生を切り拓く」という特徴があり、「自分のやり方」や「自分の思い」を貫く傾向が強い「子丑天中殺」の方にとって、「天中殺」の時期はそれが仇になりやすいため、

 

「自分の意見」や「やり方」、「経験則」に必要以上にこだわり過ぎず、その時々の「状況」をよく見て、「周囲の意見」に耳を傾けられるか

 

が、天中殺中の大難を小難に、小難を無難にするためのポイントになります。

 

急がば回れ

 

と、

 

人の言うことをよく聞くこと

 

の「2つ」のポイントを今から意識していただければと思います。

 

その上で、本格的に天中殺に入る2月4日(火)の「立春」の間までに(天中殺は「立春」から始まって2年後の「節分」まで続きます)、何をやっておいたら良いのかを「3つ」、お伝えさせていただきたいと思います。

 

 

 嵬觜垢し」をせず、「朝型」の生活を心掛ける

 

元々、「子丑天中殺」の方は、毎日「23時〜翌1時」までの「子」「丑」の時間帯が時間の天中殺なので、

 

夜更かし」をすると他の天中殺の方以上に運気がダウンしやすい

 

傾向があるのですが、「天中殺」の年にそれをやってしまうと、余計に運気をダウンさせてしまう原因になりかねないので、

 

今から徐々に「朝型」の生活に切り替え、天中殺中の「2020年」と「2021年」は朝型生活をキープする

 

ようにしましょう。

 

「夜勤」など、どうしてもその時間帯に起きていなければならない場合は、

 

  • 「23〜翌1時」までの間に「休憩」が取れそうな場合は、30分でもいいので「仮眠」の時間を取る
  • 帰宅が深夜になる場合は、なるべくそれ以上夜更かしせず、早めに就寝する
  • 休日は、22時までにはベッドに入るようにし、「23〜翌1時」までには就寝する
  • お風呂に入るときは、必ず「湯舟」に浸かるようにする(「粗塩」や「バスソルト」を入れたお風呂だと◎)
  • 月1回、「ヘアカット」をして厄を落とす

 

ようにして、少しでも厄が溜まらないようにしていただければと思います。

 

 

何事にも「余裕」を持つ

 

「子丑天中殺」の方の場合、天中殺に入ると、

 

感情の波が激しくなり、その結果、「思考」や「行動」が極端になりやすい

 

ので(例:ちょっとしたレベルの喧嘩なのに、いきなり「別れ話」にまで発展するなど)、

 

感情に振り回されないよう、「イラッ」と来たら一呼吸置くようにする

 

だけでなく、

 

事前の「段取り」をしっかり組んだり、「時間」や「スケジュール」など、何事においても「余裕を持った行動」を心掛けることで、「精神的余裕」を持つこと

 

が大切です。

 

先程もお伝えさせていただいたように、「子丑天中殺」の方の場合、特に天中殺期間中は、「自分の価値観に合わない人を排除したい気持ちが強くなる」こともあり、

 

  • その人に権力がある場合、自分に合わない人を排除する
  • 影で悪口を言う
  • ネットで愚痴を言う

 

といったことをやって、余計な物を排除する&ガス抜きをしがちな傾向が強まるのですが、

 

世の中の全体的な傾向として、2020年(庚子×七赤)は「勧善懲悪」の機運が高まる

 

ため、自分自身は「ガス抜き」や「目的の達成」のためにやったことであっても、

 

いつしか立場が逆転し、自分の方が不利な立場になる

 

といったことが起こりやすいので、不平不満を言うにしても、「時」と「場合」と「場所」をよく考えた上で、言葉を選んで言わないと、自分の方が叩かれる立場になってしまった…ということが起こりやすいので、くれぐれもお気を付け下さい。

 

 

目上の人」や「」に相談する

 

元々、「子丑天中殺」の方は、「目上の人」や「」との縁が薄く、そこから離れて独立独歩で生きた方が開運するという特徴があるのですが、

 

「天中殺」の時期は、「目上の人」や「」を上手に頼った方が吉

 

なので、

 

  • 仕事上のことで何か悩みや方向性に悩んだら、上司や先輩に相談する
  • 「その道のプロ」に相談し、知恵を拝借する
  • 実家に帰省して、親孝行をする

 

といったことをやった方が吉なので、出来れば「天中殺」に入る前に(入った後でもOKです)、「目上の人」に今後の方向性を相談したり、年末年始に実家に帰省したりすると良いでしょう。

 

「子丑天中殺」の方の場合、天中殺期間中、「独断」と「偏見」で突っ走った結果失敗する

 

という特徴があるので、そうならないよう、「目上の人」や「その道のプロ」、「親」の意見には耳を傾けるようにしていただけたらと思います。

 

特に、「子丑天中殺」と相対する関係である「午未天中殺」の方は、これ以上物事が悪くならないための「ストッパー」の役割をしてくれる人

 

なので、周囲にいる「午未天中殺」の方に相談するのもオススメです。

 

 

その他、「天中殺」期間中の基本的な過ごし方は、過去に事務所サイトの開運コラムで記事にしているので、『“天中殺”とは幸運体質のための基礎トレーニングの時期』も併せてチェックしていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.12.23 Monday
  • 00:30

金運・財運

2020年にオススメの財布&スマホケースのラッキーカラー

photo_0091

 

こんにちは。鏡月です。

 

以前、事務所サイトの『金運財布の選び方』でもお伝えさせていただいたように、財布を買い換えるタイミングとして、

 

  • 9月(「」の季節)→貯蓄運・家庭運アップ、生活を安定させる
  • 10月・11月(「」の季節)→事業運アップ、お金回りを良くする
  • 立春〜3月の月変わり(啓蟄)の前日まで→収入アップ、物事を発展させる

 

ということもあり、そろそろ時期的に、「今年の財布はどうしようかな?」とお考えの方も多いのではないかと思います。

 

また、近年は各種「電子マネー」や「○○Pay」といった「キャッシュレス決済」を利用される方も増え、「財布を持たず、スマホで代金決済する」方もだいぶ増えたこともあるので、

 

「スマホ」が「第二の財布」になりつつある

 

ため、そこで今回は、「スマホケース」についても言及し、

 

2020年」の財布&スマホケースのラッキーカラー

 

について、お伝えさせていただきたいと思います。

 

 

なお、昨年、及び、昨年以前のブログ記事でもお伝えさせていただいたように、「金運アップのための財布の選び方の基本的なアドバイス」については、過去に事務所サイトの『金運財布の選び方』でアドバイスをさせていただいておりますので、そちらでご確認下さいます様、お願い致します。

 

また、くれぐれもお間違いのないようにご注意いただきたいのですが、

 

これらのアドバイスは、あくまで「一般的なアドバイス」

 

であって、個々人の状況に応じて金運アップのための財布の色やサイズ、素材は異なりますので、そうした個別的なアドバイスをご希望の方は鑑定をお申込み下さいます様、お願い致します(鑑定コース&料金一覧表はこちら)。

 

今回、記事の中でご紹介させていただく参考商品は、読者の方がよりイメージしやすいよう、「参考例」として参考になりそうな商品のリンクを貼っているのであって、あくまで「参考例」にしか過ぎません。

 

「この財布がいい」というわけではなく、お読みいただいている方のイメージに訴えかけるためにあくまで「参考として」選んだもの

 

ですので、お間違いないようにお願い致します。

 

 

来年、2020年(庚子×七赤金星)の、誰にでも共通する「全体的な傾向」として(こちらも参照)、

 

」のあるところに「」が集まる年

 

ということもあり、お金に関しては、「節約」という形で「守り」に入るよりも、

 

「副業」や「複業」、「投資」などで「収入を増やす」こと

 

を積極的に考え、実践したい年になります。

その中でも鍵になるのが、「国内のみ」だと頭打ちになりやすい年であるため、

 

「インバウンド」や「輸出」、「海外への事業展開」、「外国株」への投資など、「海外との接点」を持つこと

 

になるので、現在、英語や中国語といった外国語を喋ることが出来るかどうかや、海外にも製品を輸出しているor国内向けオンリー問わず、

 

稼ぎたいなら「海外」に目を向ける

 

ことがポイントになります。

 

 

あと、もう1つ、来年の金運を大きく伸ばすためのポイントとして、

 

マネーリテラシー」をアップさせること

 

具体的には、

 

  • 「保険」や「ローン」、「税金」など、「お金」についての知識をアップデートする
  • 普段の生活において、「この場合は現金orクレジットカードのどちらで決済した方が得か?」とか、「コストパフォーマンス」を考えた買い物を心掛けるなど、より賢い「お金の使い方」を学ぶ
  • 「投資(金融商品)」について学ぶ

 

などを通じて、「お金」に対する知識やセンスを磨くことが重要になります。

 

 

また、来年は「お金」にまつわる「恨み」「つらみ」や、「やっかみ」が強くなる年でもあることから、「お金」は「人」から「人」へと渡って来るものということもあり、

 

募金」や「寄付」をして、「お金」について回っている厄を流す習慣を身につける

 

ことも重要なポイントになります。

 

 

そうしたことを踏まえて考えると、

 

お金を増やす+循環を良くする財布

 

であることが求められる年になるので、そんな2020年にオススメの財布&スマホケースのラッキーカラーは、

 

  • シャンパンゴールド
  • アイボリー

 

になるのですが、参考商品のような、

 

  • 黒×ゴールド(金具でもOK)の組み合わせ

 

の財布&スマホケースもオススメです。

 

 

 

「参考商品」の画像にもあるように、来年オススメの「財布の形状」は、

 

金具でパチッと留める「がま口型」がオススメ

 

なのですが、財布を新調する予定がない方は、「小銭入れ」だけでも「がま口型」のものにするのもオススメです。

 

 

 

「スマホケース」の場合でしたら、「手帳型」のものでも「カバー型」のものでも共通なのですが、参考商品のような、

 

金属」のアクセントがついたものor「グリッター」を使った華やかな仕様なもの

 

がオススメです。

 

 

 

「財布のサイズ」については、

 

縦×横=10cm(旺/進宝)×20cm(官/富貴)

 

のものがオススメですが、「スマホケース」については、お手持ちのスマホの規格に合ったもので構いません。

 

一方、「財布の素材」、及び、「スマホケース(手帳型)の素材」については、

 

豚革」or「ワニ革」のものがオススメ

 

なのですが、そう滅多にある素材ではないので、なかなか見当たらない場合は、

 

牛革

 

のものでも構いません。

参考商品のような、「牛革」のクロコダイルの型押しのものなどもオススメです。

 

なお、スマホケースでも「カバー型」の場合は、構造上、「プラスチック」のものが殆どだと思いますので、その場合はプラスチックのもので構いません。

 

 

 

その他、来年は、

 

玄関に「三本脚の蛙(三脚蟾蜍)」の置物を置いて金運アップを狙う

 

と良い年なので、玄関に「腰より低い位置」に置いた上で、

 

  • 朝→玄関の「入り口」の方に顔を向ける
  • 夜(帰宅後)→「室内」に顔を向ける

 

ようにしていただけたらと思います。

 

 

 

以上、来年のお財布&スマホケース選びのご参考にしていただけましたら幸いです。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 12:00