とある占い師の独り言

自分に合った「働き方」と「能力」を踏まえた上で「職業」を選択することの大切さ

photo_0055

 

こんにちは。鏡月です。

 

ここ最近、連日のように「女性政治家のスキャンダル」が報じられることが増えておりますが、そもそも来年(2018年)の星回りとして、

 

本当は「実力」や周囲からの「信頼」もないのに、「女性の活躍」ということで、高下駄を履かされてきた女性達のメッキがどんどん剥がれ落ちる年

 

なので、その流れが先行してやってきただけに過ぎず(来年の九星である「九紫火星」には「政治家」という意味もあります)、個人的には「案の定」と言うか、「やっぱりな」と思っている今日この頃ですが、皆様の職場はいかがでしょうか?

 

 

確かに、「男性」と「女性」では肉体の構造も、物の考え方も違う以上、「仕事のやり方」や「働き方」の違いは、どうしても発生せざるを得ないわけですが、

 

今後、「ロボット」や「人工知能(AI)」の発達により、「男女間の“差”」然り、国家間や言語など、「いろんなものの“差”」がどんどん狭まって行く

 

ことが予想されている中で、来年、2018年(戊戌×九紫)は、

 

女性にも「男性と同等」の「実力」や「信頼」が問われて行く

 

そうした「きっかけ」になる年になるのではないかと予測しております。

今後、今以上に、世の中全体がどんどん「実力主義」&「能力主義」になって行くことが予想される以上、

 

今後、女性が幸せに生きて行くための必要十分条件は、「実力」と「賢さ」の両方が伴っていること

 

になるのではないかと思っております。

 

 

昨今、ニュースになっている女性議員達を「占い」という観点から拝見させていただくと、男性並みに「気が強く」、「頭脳明晰」なのは分かるのですが、

 

気が強くて頭脳明晰だからと言って、仕事や子育て、人間関係など、その他の面において、必ずしも「優秀」だとは限らない

 

ですし、もう少し突っ込んで言わせていただくと、

 

「気が強く」て「頭脳明晰」な女性ほど、「目的志向」で「自分の中のルール」で物事を考えやすいせいか、「組織」や「集団」での思考において弱い面がある

 

ように感じますし、そこが「落とし穴」になっているように思います。

 

 

人には誰しも「適性」というものがあるわけですが、「働き方」という点において、ざっくりと大まかに分けると、

 

  • 「フリーランス」など、「個人」で仕事をした方が良い人
  • 「起業家」や「経営者」など、人の上に立ち、「組織を率いて」仕事をした方が良い人
  • 「サラリーマン」など、「雇われて」仕事をした方が良い人

 

の3つのタイプに分けられるわけですが、勿論、男性もそうですが、女性もまた、

 

自分が「どのタイプの働き方」が自分の性に合っているのかを踏まえた上で、自分の「能力」を加味し、その上で「職業」や「会社」を選ぶ

 

ということをしないと、

 

  • 「転職癖」がついてしまい、職を転々としてしまう
  • 一般的に「転職が厳しい」と言われている35歳を過ぎているにも関わらず、自分が本当にやりたいことや、適性が分からない
  • 仕事に対する不満が多く、「やる気」が持てない

 

といったことになってしまい、

 

本人にとっても、会社や周囲の人達にとっても、誰にとってもプラスにならない

 

といったことになりかねないわけです。

ここ最近、ニュースで騒がれている女性議員の方々についても、

 

本来であれば「個人」で仕事をすべき人が、「人の上に立ってしまった」が故に起こってしまったトラブル

 

のように、私にはそう思えるのです。

 

 

働き方改革」と言えば聞こえはいいかも知れないですが、

 

人によって、その人に合っている「働き方」は異なる

 

わけで、世の中や企業が様々な「選択肢」を提示することは、勿論いいことではあるのですが、

 

それを「選ぶ側」も、自分の適性を踏まえた上で選ばなければ、お互いにとってWin-Winとはならない

 

ように思うのです。

そして、それを「選ぶ」上で重要になってくるキーワードが、

 

賢さ

 

だと思うのです。

 

 

ここで話を元に戻すと、来年、2018年(戊戌×九紫)は、

 

自分の「能力」や「実力」、「適性」をきちんと把握せずにやってきてしまった人ほど、来年は「現実」を突き付けられる年になりやすい

 

ということであり、昨今の「女性の活躍」をはじめ、「社長の息子だから」などといった理由で「高下駄を履いてきた人」を中心に起こり始める…ということです。

 

自分自身が、自分の「能力」や「自分に向いている働き方」をきちんと認識しているだけでなく、経営者や中間管理職の方であれば、部下の「能力」や「その人に合った働き方」を今から把握するようにすると、今後の流れにうまく乗って行けるのではないかと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございますビル
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.09.10 Sunday
  • 00:00

お知らせ

「風水ダイエット」始めます

photo_0054

 

こんにちは。鏡月です。

久し振りの更新ですが、今回はタイトルにもございますように、「風水ダイエット企画」のお知らせになります。

 

現在、熊本での対面鑑定&セミナーの準備でバタバタしているのですが、また落ち着いた頃にブログの記事をUPしますので、しばらくお待ち下さいます様、お願い申し上げます。

 

 

さて、ご存知の方も多いのではないかと思いますが、「運気」という観点から見ると、

 

余分な脂肪=厄

 

であり、普段から適度な運動をしたり、1週間トータルで見て「食事」のメニューを考えるなどしていた方が吉なのですが、

 

一言で「肥満」と言っても、様々なタイプがあるので、その人の体質に合ったダイエットをすることが重要

 

だったりします。

「薬膳」では一般的に、

 

  • 湿熱→「固太り」タイプ
  • 気滞→「ストレス太り」タイプ
  • 瘀(お)血→「上半身太り」タイプ
  • 気虚→「下半身太り」タイプ

 

の「4つ」のタイプに分けられるのですが、それぞれのタイプによって、成功しやすいダイエットのやり方は異なります。

(ただし、「病気」や「薬の副作用」によって太った場合はこの限りではないのでご注意下さい)

 

 

簡単にそれぞれのタイプ別のダイエットの主要なポイントについてまとめると、

 

  • 湿熱→「食べ過ぎに注意」し、「運動量」をアップさせる
  • 気滞→「ストレスを解消」し、「気長に気軽に続けられる」食事や運動を心掛ける
  • 瘀(お)血→「血の巡りを良くする」ような食事や運動を心掛ける
  • 気虚→「体を温める食べ物」を食べ、ウォーキングなど「体に負担が少ない運動」を心掛ける

 

なのですが、どのタイプの肥満であったとしても、

 

体の中の気の流れが悪い状態

 

であることには変わりないので、文字通り「開運体質」になるには、そこを改善して行く必要があります。

 

 

…と、いろいろと書いてきましたが、

 

こういうものは、実際に「やってみてナンボ」

 

ですから、「湿熱」タイプの私が、

 

食事+運動」の王道ダイエットを主軸とし、それプラス、生活習慣全体を「風水理論」で整えた上でダイエットをすることにより、「人はどこまで“健康的”、かつ、“運気アップ”が出来るのか?」というテーマ

 

に則り、この度、「風水ダイエット」企画をやらせていただくことになりました。

体重が体重なので、

 

最低でも「2年間」は継続

 

し、

 

今後、年齢を重ねても健康で、かつ、幸運であり続けられるよう、「生活習慣全体」を完全に変える

 

のが目的ですから、巷でよく話題にされがちな、「3カ月で〇kg減!!」みたいな、急激な変化を目的としたダイエットではございません。

 

健康で、かつ、幸運な、「真の幸運体質キラキラ」を目指すため

 

のものですので、一占い師として、ガチで本気で取り組んで行きます。

 

 

「風水ダイエット企画」をやるにあたり、「現在進行形」で日々の体重や体脂肪、食事・運動の内容といった成果が確認出来るよう、ダイエットの進捗度を、タニタのダイエッター用のSNSである『ダイエットクラブ』でご確認いただけるようにしました。

(事務所のホームページ、並びに、ブログにもリンクを貼ってあります)

 

なお、今回の企画に際し、数値の不正を排除し、フェアな状態で行わせていただくため、タニタの体重・体脂肪管理アプリの『ヘルスプラネット』に対応の体組成計を使用し(使用している体組成計はこちら)、

 

体組成計に乗る

「体重」「体脂肪」等の計測データが『ヘルスプラネット』に自動的に転送される

今度は、『ヘルスプラネット』が『ダイエットクラブ』に自動的にデータを転送

ダイエットクラブ』のブログに自動的に反映

 

されるという流れでやらせていただきます。

 

また、日々の食事内容だけでなく、美容運や健康運アップ、ダイエット向けのちょっとした風水テクニックについて、『ダイエットクラブ』でお話させていただくこともあるかと思いますので、ダイエット中の方も、そうでない方も、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

果たして、今後どのように変化して行くのか?!

乞うご期待いただければと思います。

 

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございますスニーカー
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 22:00

家庭運&子育て

「家庭運」をアップさせるための「5つ」の基本

photo_0053

 

こんにちは。鏡月です。

 

毎年、「お盆」になると実家に帰省して、普段離れて住んでいる家族や親戚と顔を合わせている…という方も多いのではないでしょうか。

 

家族」というのは、あらゆる人間関係の中で、一番「ベース」になるもの

 

であり、独身・既婚問わず、「健康運」同様、ここがグラついていると、全ての運気が伸びにくい傾向があります。
ですから、いくら恋愛運をアップさせたいだとか、仕事運をアップさせたいだとか言っても、

 

総ての運気のベースとなる「健康運」と「家庭運」がしっかりしていないと、上に上に積み上げて行くことが出来ません

 

し、「健康運」と「家庭運」がしっかりしていない状態で、どんなに「仕事運」だの「恋愛運」だの、「結婚運」だの「金運」だの…と積み上げたところで、あたかも「砂上の楼閣」のように、非常に脆く、不安定な状態になってしまいます。

 


ここで、あなたに質問ですが、「家庭運」と言われて、何を思い浮かべますか?

 

「家族みんなが仲良く、健康であること」

「いい子供に恵まれること」

「安定した収入を得て、経済的に何不自由なく暮らせること」

 

…と、人の数ほど答えがあるのではないかと思いますが、本来の「家庭運」というのは、

 

家庭運=“家”の「継続」と「繁栄

 

であり、つまり、「家運」です。

 

「家庭運」というのは、「現在生きている人」と「亡くなったご先祖様」の「総合力」で決まる

 

ものですから、「全体」で見て行く必要があります。

そのため、間違っても「自分達夫婦と子供が幸せに暮らせればそれでいい」という類のものではないということにご注意下さい。

 

「家庭運」をアップさせるには、「生きている人のための対策(陽宅風水)」と「亡くなった人のための対策(隠宅風水)」を両輪で回して行く必要がある

 

ため、「○○のインテリアをこうすればOK」といった単純なものではないということを、まずここで認識して下さい(ちなみに生きている人のための風水を「陽宅風水」、亡くなった人のための風水を「陰宅風水」と言います)。

 

今回は専門的なアドバイスではなく、普通のごく一般的な生活でも十分に出来る、「家庭運」をアップさせるための「5つ」の基本的なアドバイスを皆様にお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

〜歃と整理整頓、メンテナンスが行き届いており、全体的に「清潔感」があること

 

よく風水では、「家庭運は「玄関」と「リビング」と「ダイニング」の3カ所が大事」と言いますが、それらの場所に限らず、

 

全体的に「掃除」と「整理整頓」、家の「メンテナンス」が行き届き、「清潔感」のある家

 

が、家庭運が良い家になります。

どんなに家の中の掃除や整理整頓が行き届いていたとしても、庭が雑草だらけだったり、外壁がボロボロだったり、家の塀や壁に蔦が絡んでいるようでは、その家の運気は上がりません。

 

家の「内側」だけでなく、「外側」から見ても「清潔感」があること

 

が非常に大切です。

 

マンションやアパート暮らしの方は、「外観」は管理会社や大家さん頼みになるかと思いますが、ベランダの掃除だけでなく、家の前の廊下の掃除をするなど、ご自分で出来ることが必ずあるはずですから、そうしたことを実践してみて下さい。

 

 

表札」のない家に運はない!

 

これも風水では基本的なことですが、「表札」のない家に運はありません。

「世帯主」が男性の場合は「フルネーム」、女性の場合は「名字のみ」で出すことは有名ですが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合、なかなか表札を表に出しにくい雰囲気だと思いますが、

 

「名字」だけでもいいので表札を出す


ようにして下さい。

 

「表札」がない状態だと、独身・既婚問わず「仕事運」や「ステイタス運」が下がりますし、それプラス、独身の場合は「結婚運」が、既婚者の場合は「家庭運」が下がります

そのため、基本的には、独身・既婚問わず、「表札」はきちんと出して欲しいところなのですが、職業の関係や防犯等の関係で、どうしても表札を出せない場合は、玄関の中に表札を置くようにして下さい。

 

「表札」の素材については、「木製」、もしくは、参考商品のような「タイル製」のものがオススメです。

 

 

「一戸建て」の住宅にお住いの場合は、

 

「門柱」のところにも「表札」をかける

 

ようにすると、更に「家庭運」がアップします。

この場合の「表札」は、「名字のみ」で構いません。

 

また、マンションやアパートの場合、エントランスにあるポストのところにも、テプラで作ったもので構いませんので、「名字のシール」を貼ると良いでしょう。

ただし、防犯の関係で貼れないという場合は、無理して貼る必要はありません。

 

 

インテリアは「温かみのあるインテリア」がベスト

 

家庭運をアップさせるには、モノトーンで統一されたようなクールなイメージのお部屋よりは、

 

天然木製の家具」で、かつ、「明るい色」でまとめた温かみのあるインテリアがベスト

 

です。

近年、リビングはフローリング仕立ての「洋室」が多くなりましたが、海外在住の場合はともかく、日本に住んでいるのであれば、

 

「家庭運」の見地からは、「和室」の方がオススメ

 

です(イメージ:茶の間)。
これにはきちんと理由があって、

 

リビングの床が冷たいと、「家庭運」が落ちる

 

という傾向があり、「和室」であればその点、「」があるので問題はないのですが、「洋室」のフローリングの床の場合、どうしても床が冷えがち=家庭運が下がりがちですから、

 

  • ラグ」や「絨毯」を敷く
  • 寒冷地の場合は、「床暖房」を入れる

 

といった対策をして、「床が冷えないための対策」を講じる必要があります。

 

個人的には、「離婚」や「家庭崩壊」が多い原因の一つが、「洋室」のリビングが多いからだと思っています。
そのくらい、フローリングは、運気の観点から見ると、運には良くありません。

そのため、フローリングの床には、必ず「絨毯」や「ラグ」を敷いて、足元が冷たくないように対策を取っていただければと思います。

 

また、最近は、「オール洋室」のマンションやアパートが好まれがちですが、2部屋以上の物件を選ぶ場合、1室は和室があった方が良いです。

「机や大きな本棚を置かなければならない」とか、「ピアノを置くための防音室にするから」など、洋室でなければならない理由があるなら話は別ですが、

 

基本的に「和室」を潰すと「家庭運」は一気に下がります

 

ので、「和室」は潰さずに、家族が集まるお部屋にしたり、仏間にするなどして、きちんと活用するようにした方が、運気の観点から見るとその方がベターです。

マンション用の畳」や、以下の参考商品のような「畳」と「収納」を兼ねた「イ草ユニット」を活用するのもオススメです(「真ん中」の部分を外せば、冬場、「掘りごたつ」としても活用出来るので便利です)。

 

 

 

ぅ螢咼鵐阿肇瀬ぅ縫鵐阿蓮パーテーション」などでしっかり区切る

 

「リビング」と「ダイニング」は、パーテーションを置いたり、棚や観葉植物で仕切りを作るなどして、しっかり区切りましょう。

 

「リビング」と「ダイニング」がきちんと仕切られていないと、太りやすくなる


という傾向があるからです。
「リビングで食事をする」というご家庭や「1K」や「ワンルーム」で暮らしている方にも、同じような傾向が出やすいので注意が必要です。

 

また、「リビング(「」の気)」と「ダイニング(「」の気)」とでは、元々の役割も五行も違いますから、

 

  • リビング(「」の気)→「寛ぐ」ことを重視したインテリア
  • ダイニング(「」の気)→「楽しく食事をする」ことを重視したインテリア

 

にきちんと区分して、それぞれの場所での気の吸収力をアップさせるようにした方がベターです。

どうしても区分出来ない場合は、食事を終えた後に必ず掃除&換気をするようにして下さい。

 

 

また、これは、多くの方が見落としがちなところなのですが、

 

「リビング」は「家族のためのスペース」であり、「家族以外の人を通す場所」ではない

 

ので、基本的には「家族」や「両親」以外の人は通すべき場所ではありません。

 

友人やお客様など、家族以外の人は「客間」や「応接室」に通すのが基本

 

ですから、親しい友人だからと言って、リビングにほいほい通していると、家庭内にトラブルが起こりやすくなるだけでなく、その友人とその後、ロクなことにならないことになりやすいので、来客が多いご家庭の場合は、「客間」や「応接室」となる部屋をきちんと確保しておくことが、家庭運アップのための重要なポイントになります。

 

 

イ墓参りの際には、必ず「お墓の状態」をチェックする

 

「お盆」や「お彼岸」、「命日」にはお墓参りに行かれる方も多いと思いますが、普通にお墓参りしているだけになっていませんか?

確かに、お墓参りをすることは大切なことですが、

 

お墓参りの際に「お墓の状態」をチェックする

 

ようにして下さい。
この世とあの世は、「顕幽一如」で繋がっていますから、

 

お墓に何らかのトラブルがあると、家庭内や子孫に悪影響が出やすい

 

ので、自宅だけでなく、お墓の状態もご先祖様にとって心地好いものにしましょう

 

具体的には、以下の項目に注意するようにして下さい。
 

  • 墓石にひび割れや穴が開いていないか
  • 墓石が傾いていたり、ズレが発生していないか
  • コーキングが悪くなっていないか(必ず「コーキング剤」を使ってコーキングすること)
  • 墓標を立てている場合、墓標が割れていたり、雨風に晒されて文字が消えかかっていないか
  • コケが生えて汚くなっていないか
  • お墓の周囲が雑草だらけになっていないか(草むしりをする際は除草剤は絶対に使わないこと)
  • 落ち葉が溜まっていないか
  • 近くに竹やぶがある場合、墓の下に竹が生えていないか
  • カロートに異常はないか
  • 骨壷を納めている場合、骨壷の中に雨水が入っていないか

 

お墓の状態をちょくちょくチェックするためにも、お盆やお彼岸、命日といった日だけでなく、可能であれば月1回はお墓参り&お墓のチェックをするようにするとベストです。

お墓の状態に異常がある場合は、早めに修繕するようにして下さい。

 

 

以上の「5つ」のポイントを今一度見直していただき、「家庭運」をアップさせ、運気のベースを整えていただければと思います。

それではまた次回☆

 

 

今日もお読みいただきありがとうございますスマイル
あなたの開運を心よりお祈り致します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ 

  • 2017.07.22 Saturday
  • 09:30